Business Contest KING

  • 学生団体
  • ビジネス
  • ビジネスコンテスト

Business Contest KINGに関わる全ての人々の成長を生み出す

Business Contest KINGとは、1996年に始まった日本初・日本最大級のビジネスコンテストを運営している学生団体です。弊団体は経済産業省や、多くの企業様からご後援をいただいて活動しております。ビジネスコンテストは合宿形式をとっておりまして、参加者は全国から選抜された学生を100人募っております。

代表者 森 裕大朗
メンバー数 11名(2014年9月現在)
学年比率 現在は二年生が中心となって活動しております。一年生でも主体的に活動することが可能です。
所属大学比率 東京大学・早稲田大学・慶應義塾大学・MARCHをはじめ、様々な大学の学生がおります。
主な活動内容 学生団体KINGは、毎年夏に行うビジネスコンテストに向けて、基本的に各局ごとに分かれて活動を行っております。

局編成は、

1.ビジネスの知識を学びコンテスト期間中に参加者の補助をする「ビジネス局」
2.コンテストに合わせてチラシ、映像などを制作する「演出局」
3.企業の方々とお会いして様々な交渉を担当する「渉外局」
4.コンテスト当日の細かな段取りまで決定して、円滑にコンテストを進行させていく「運営統括局」
5.多くの人々に情報を伝えるために広報戦略を考えて実行する「広報局」
6.参加者の学生とコミュニケーションを取って、あらゆる面で参加者の補助をする「学生対応局」

の6つとなっております。

各局ごとに活動は異なりますが、上下関係が全くないので、誰でも主体的に来年のコンテストを作っていくことができます。
問題意識 学生団体KINGが宿泊型のビジネスコンテストを運営している理由は、大きく3つあります。

1つ目は、コンテストを通じて多くの人脈が生まれるからです。KINGのコンテストでは学生は意欲のある方が全国から集まってきているので、参加者のほとんどが初対面です。更にコンテスト中には社会人の方々に来ていただく機会を多数ご用意しております。宿泊型のビジネスコンテストだからこそ今後につながる出会いが生まれるのです。

2つ目に、非日常の空間を生み出すことができるからです。皆さんは一つの事だけを何日も考え続けたことがあるでしょうか。時にはチームのメンバーと熱く議論をし、時には中々アイデアが浮かばずに進まなくなる。それでもこのような非日常を経験することでその後の参加した学生の人生に役立つと考えています。

3つ目に、実際のビジネスについて学べる場が少ないからです。近年急増している起業セミナーやプラン持ち込み型のビジネスコンテストでは、その場で知識を得ることができたり、自分たちでビジネスプランを作れたりしても、それが本当に成長につながることは中々難しいです。宿泊型のコンテストだからこそ学生の本当の成長を生み出すことができるのです。

以上が私たちが宿泊型のビジネスコンテストを運営している理由です。

私たちのミッションは「Business Contest KINGに関わる全ての人々の成長を生み出すこと」です。KINGに参加してくれる学生の成長を生み出すことはもちろん、運営するスタッフも成長しなければ学生団体KINGが存在する意味はありません。
様々な活動を通してKINGに関わる全ての人々の成長を生み出せるよう日々活動しております。

次に、私たちのミッションを達成するためにKINGが目指す理想像(ビジョン)は、「日本一有名で実力のあるコンテストを創り上げること」「KINGのスタッフが居心地がよく、かつ成長できる場を作ること」の2つです。参加してくれる学生のためにも知名度と実力は必須です。

しかし、それだけを見てKINGを運営するスタッフのことを疎かにしてはなりません。そのためKINGではこの2つのビジョンを掲げております。
求める学生像 私たちは、KINGのミッションとビジョンを理解してくれて、かつ一緒に成長していきたいという気持ちを持っている学生であれば、学年問わず大歓迎いたします。
学生へのメッセージ 今の時代、巷には情報があふれていて学生は様々な選択肢の中から自分の好きな道を選ぶことができるようになっています。

しかし、その選択肢の中から本当に納得した道を選べていますか?

もしもやることに迷っていたり、今の選択に疑問を感じているのなら、選択肢の一つとしてKINGも考えてみてください。

ご縁があれば、一緒に来年のコンテストに向けて大きく成長しながら、自分たちの手で最高のBusiness Contest KINGを創り上げましょう!
HP http://www.king-waav.org
Facebook https://www.facebook.com/KIN
Twitter https://twitter.com/bcking15
お問い合わせはこちら