United Youth

  • 学生団体
  • 社会貢献 

社会へ発信する若者のプラットフォームを創る

学生団体United Youthは、日本の若者が共通の課題に対して恊働して取り組むことができるプラットフォームの構築を目指しています。

現在懸念されている社会問題は複雑化が進み、決して一つのアプローチからは解決できない問題が多く存在します。そこで、柔軟な発想や立場、恊働のしやすさを持った若者が分野を超えて行動を起こすことで、社会を変える大きな影響力となります。一緒に声をあげませんか。

代表者 福島 宏希
メンバー数 10名
学年比率 高校生 2人
大学2年生 1人
大学4年生 2人
社会人 5人  
所属大学比率 早稲田大学1人
獨協大学1人
日本大学1人
早稲田大学高等学院1人
武蔵高校1人
主な活動内容 学生団体United Youthの活動内容は以下3つです。

(1)若者議会の設立
若者が今社会へ発信すべき声は何か、それを洗い出し、政治・行政・ビジネス等に声を届けるための場「若者議会」を設立します。若者議会は欧米やアジアの複数の国で、全国レベルの恒常的な組織として存在し、若者の社会参画への重要な役割を担っています。

(2)調査研究
様々な分野の若者の活動の現状を調査し、成果と課題を浮き彫りにします。調査結果を「若者活動白書」としてまとめ、発信しています。
URL: http://bit.ly/TDC70j

(3)発信
若者を取り巻く課題、若者の活動、当会の活動情報など、若者のエンパワーメントにつながる様々な情報を発信しています。
問題意識 福祉、教育、国際協力、災害救援(防災)、まちづくり、環境…

多くの分野で若者(ユース)が社会的課題の解決に向けて活動していますが、複雑化する社会問題に対して、個別の団体の力のみで解決を目指しているのが現状です。自分たちのやっている活動の範囲の視野や仲間たちで限られており、各分野や団体でそれぞれ似たような課題にぶつかっているのが現状なのではないでしょうか。

ですが、若者にはまだまだ秘められている力を持っています。それは、自由な発想、協働の可能性、そして、若者としての声を発信することです。

【ビジョン】
学生団体United Youthは、若者の可能性を最大限引き出すことで、多様性と弾力性に富んだ豊かな社会を創造します。

【ミッション】
学生団体United Youthは、若者が共通の課題に対して恊働して取り組むことができるプラットフォームを構築します。
求める学生像 活動のスキルや経験、年齢は問いません。
社会全体をより良くしていくために、若者の可能性を引き出すことが大切だと感じる方と共に活動していきたいと思っています。
学生へのメッセージ 学生団体United Youthは、若者が力を結集し、社会により影響力が与えられるようになることを目指しています。

また、その過程で若者の様々なスキルが磨かれたり、
ネットワークが形成されたりすることで、将来的に社会に貢献できる力を持った人材(人財)が多く輩出されることを期待しています。

若者のエンパワーメント、力の結集、ネットワーキングなどに関心のある方、ぜひ共に活動しましょう!
HP http://www.unitedyouthjapan.net/
Facebook United youth
Twitter https://twitter.com/unitedyouth_jp
お問い合わせはこちら