東大エンジニアサークル ZEROxONE

  • エンジニア
  • プログラミング

テクノロジーの力で社会に革新をもたらすプロダクトを制作する

私達はプログラミングなどの科学技術を利用して、社会に革新をもたらすプロダクトを開発する団体です。

高い技術力を身につけるのはもちろんのこと、高い企画力やリーダーシップ、PR力も身につけ活用していくことでそのようなプロダクトを生み出すことを可能にします。当団体には中学生や高校生も所属し、プロジェクトによっては社会人と協力して開発することもあります。

世界に通用するITサービスやプロダクトの創出する。
主体性を持って社会に価値を生み出していけるようなエンジニアやITクリエーターの輩出する。
起業やスタートアップへの就職というキャリア選択をよりメジャーにする。
エンジニアはクールだという文化を日本に根付かせる。

これが私たちの思いです。

代表者 後 雄大
メンバー数 16人
学年比率 中学生1人 高校生3人 大学生1年 3人 2年 2人 3年 2人 4年 5人
所属大学比率 東京大学、早稲田大学、東京工業大学、慶応大学、法政大学、龍谷大学、大阪市立大学
主な活動内容 webアプリケーションの開発、スマートフォンアプリケーションの開発、ハードウェア開発、VRコンテンツの開発、ゲーム開発、ロボット開発、その他技術開発全般、技術勉強会、Demoday(制作物を定期的に外部の人達に発表する会)、外部の企業様と連携した技術系イベントの運営、学生ITクリエーターが利用できるシェアオフィスの運営など
問題意識 今の日本では、多様性が許容されにくい文化、教育、社会制度ゆえに個性的、創造的な人材が育ちにくく、それゆえに、近年日本から世界を牽引していくような企業やサービスがあまり生まれていなく、国際社会における日本の存在感は年々薄れていっていると私達は考えます。

また、そのような社会ゆえ、ミクロな視点で見ても社会的な常識にそった生き方を優先するあまり自己を犠牲にしている人、社会的な常識にそえないゆえに正当に評価されない人などは少なく無いと思います。もちろんそのような課題を自分たちの力だけで完全に解決することは出来ないとは思います。

ですが、私達学生エンジニアが年齢や肩書きに関係なく、好きなことに没頭することで社会に価値を還元し、起業などの選択も含め仕事につなげていくことで、多様的な生き方を世間に提示していくことができ、また、その過程で私達の団体からtech系の起業家を含め、リーダーシップを持ったエンジニアをコンスタントに輩出していくことで、ひいては日本から世界的なサービスやプロダクトを生み出すことができると考えます。
求める学生像 社会をより面白くしたい、より便利にしたいという思いをもち、それを実現するために高い技術力やリーダーシップ、幅広い教養を用いて、プロダクトやサービスを制作して、そのプロダクトを世に出していける人。

(私達の団体に入っていただく時点で技術力などの能力がまだ未熟な人でも、熱い思いや作りたいものがあれば私達が技術を教えるのでそういう人も大歓迎です!)
学生へのメッセージ ただなんとなく言われたことを勉強するのではなく、自分の作りたいもののために寝食を忘れるほど没頭して、仲間と一緒にプロダクトをつくり、その過程で様々なことを勉強することで普通の学生生活では経験できない最高の経験をすることができると思います。

ビジョンに共感していただき、一緒に社会を変えるプロダクトを制作していきたい方はまずは一度ご連絡ください!お待ちしています!
HP 作成中
Facebook https://www.facebook.com/ut.zeroxone
Twitter https://twitter.com/zeroxone__ut
お問い合わせはこちら