学生団体Memory

  • 学生団体
  • イベント
  • 企画

学生の世界観を拡げる

学生団体Memoryは「学生生活最高のMemoryを!!」をキャッチフレーズに掲げ、学生をより輝かせることをビジョンに活動をしている学生支援団体です。

代表者 徳永拓也
メンバー数 49名
学年比率 2年28名、1年21名
所属大学比率 東京工業大学、首都大学東京、早稲田大学、青山学院大学、法政大学、日本大学、東京家政大学、昭和女子大学など
主な活動内容 学生団体Memoryは、毎週水曜日の19時から22時までミーティングを行っています。

活動内容として、長期的なスパンで行うイベント、継続して行うプロジェクトの2つを軸にミーティングを行っています。

収益目的ではなく、イベントを参加してくれた学生に対して全力で何かを取り組むキッカケや次のステップに進むキッカケを与えられるイベントを企画しています。

イベント企画例として学生の”夢”をテーマにした学生パフォーマンスイベント、留学生を招待した国際交流会、スポーツイベントなどの多くのジャンルのイベントを企画してきました。

プロジェクトは学生調査として学生の直接の声を聞く街頭インタビュー、WEBアンケートなどを行い、学生支援としての活動に直結させています。
問題意識 学生は限りない可能性を秘めています。しかし、その可能性に気が付かないまま学生生活を終えてしまうことが多い。学生団体Memoryでは学生がより”輝ける”ように、学生の秘めている可能性を、学生でもできることがたくさんあるということを、団体の活動を通して気づかせていきたい。
求める学生像 自分のもつ可能性を試したい。また、世の中の学生のために何かをすることにやりがいを感じられる方と共に活動していきたいと思っています。
HP http://ameblo.jp/memory1223/
Facebook https://twitter.com/Memory1223
Twitter https://www.facebook.com/gak
お問い合わせはこちら