【就活生必見!】就活で失敗してしまう人の4つのケース

  • 就活
  • 失敗
  • ケース
  • 情報収集
著者:株式会社Via career

就活生全員の共通の想い、それは「就活で失敗したくない」。この一言に尽きると思います。
貴重な大学生活を就活に費やすなら、失敗したくない。
ではどのような人が就活に失敗してしまうのか、見てみて反面教師としてみてください。

①志望動機が固まっていない


これだけ聞くと、「当たり前のことじゃないか」と思うかもしれません。しかし意外と志望動機が固まっていない人が多いです
特に、企業側が発信する情報をそのまま志望動機としても、そこに個性がなく、他の人と差別化がはかれません。そのような他の人と差別化のはかれていない志望動機を書いてしまっては、就活で失敗してしまいます。
つまり、志望動機を書く際には、きちんと「なぜ自分はこの企業を志望するのか」について深く考えたうえで志望動機を書く必要があります。

また、もし仮に本当はそこまでその企業・業界・仕事に興味がなくても採用されたとしましょう。
そのような志望理由が曖昧な状態で入社しても、結局は自分に合ってないと感じ数年で辞めてしまうケースも多々あります。これも結果的に就活に失敗したと言えるでしょう。
つまり、就活で失敗しないために、そしてきちんと自分に合った企業を選ぶために、志望理由をしっかり固めることが大事なのです

②自分から情報収集をしない


さて、みなさんは志望企業についての情報をどれほど収集しているでしょうか。
説明会に行くだけ、企業の新卒用ページを閲覧するだけ。ここで終わっていませんか?
上場企業であればIR情報が公開されていますので、そういったページをチェックしたり、社長や社員のインタビューページをチェックすることで、志望企業についてより深く知るように心がけましょう。
また、その企業に関連するニュースをチェックしたり、OB・OG訪問をすることで社内の雰囲気など会社の実情を調べることも大切です。
そのように能動的に動くことで、①に書いた「志望理由を固める」ということにもつながっていきます。

③自己主張ばかりする


就活が始まると、同級生と就活についての情報を互いに交換し合うことも多々あるでしょう。しかしそのようなとき、自己主張ばかりしてしまう人もいます。
せっかく一緒に就活をしているのだから、互いに刺激し合える関係を築きましょう。たまたま隣に座った人に教えてもらった企業に入社した、というケースもあるくらいです
もちろん面接やグループディスカッションにおいて自己主張ばかりするのは良くありません。
しかし、そのような選考の場以外でも普段から相手を尊重し、互いに良い影響を与えられる関係の人を増やしましょう
就活について情報が入ってくるうえ、普段から謙虚な姿勢を持つことで面接の場でも余裕を持ち、相手を気遣えたり、背伸びをしないで自分の素直な部分を出せるという効果もあります。

④ストレスを発散できない


もしも選考で落ちてしまった際、「なぜ落ちてしまったんだ」と悩むことがあるかもしれません。
落ちてしまったのはあなたが優秀ではなかったからでしょうか?もちろん①~③で書いたような「企業について勉強不足」であったり「自己主張ばかりした」ために選考で落ちることもあります。しかし上記のようなことを避けて選考に臨んでも落ちてしまうときには落ちてしまうのです。
そのような時、原因はあなたと企業との相性です。つまり企業の文化にあなたが合っていなかった、ということなのです。これは優秀であるかなどという問題とは無関係です
そしてもし仮にその企業に入社していても、企業の文化に合わずあなたは遅かれ早かれその企業を退職してしまっているかもしれません。

選考で落ちてしまったときは割り切って、「企業の文化が合わなかったからだ」と思うようにしましょう。失敗を引きずったままではその後の、本来うまくいくかもしれなかったことも失敗してしまいます。
また、上記のような心の持ちよう以外にも運動する、歌うなど自分オリジナルのストレス発散方法を見つけておくのも大切でしょう。

カテゴリを絞る