面接官に「何か質問はありますか?」と聞かれたら必ず質問するべき3つの理由とは

  • 面接
  • 質問
  • 面接官
  • アピール
著者:株式会社Via career

学生である皆さんの多くが経験するであろう「インターン」や「就活」の面接では、様々な質問を受けます。そのため、面接対策にはとても時間と苦労が掛かります。
しかし「必ず聞かれる質問」が存在し、それが「面接官の最も重視する質問」だとすると、あなたはどう感じるでしょうか。
そこで今回は面接において「必ず聞かれる」上に「面接官が最も重視する」質問事項である「何か質問はありますか?」という質問について考えていきましょう。

なぜ「何か質問はありますか?」という質問をするのか


企業はインターン生や新卒として求める人材を、面接を通して見極めます。その中には、面接での受け答えを判断材料の1つとしますが、面接官がどのような質問をしても「教科書通りの回答」が返ってきたり、明らかに「対策してます」といった回答を返されることもしばしば。そのようなやりとりから本当に有能な人材を見つけ出すことは困難です。
そこで面接官は最後に、「何か質問はありますか?」という質問をするのです。
そこであなたは、面接官へする質問の「質」が問われています。その質問によって、あなたの思考と「質」や「深さ」が分かるからです。
つまり、この質問への対応が面接において最も重視されていると言っても過言ではないのです!

どのような質問をするべきなのか?


面接において重視される「学生からの質問」。それでは一体、どのような質問をするべきなのでしょうか。質問をする際に必要な3つのコツを、以下にまとめました。

①無理に質問を考えない


いくら学生から質問することが大切だと言っても、無理やりな感じのにじみ出る質問をするのは逆効果です。質問はあくまで自分が疑問に思ったことを尋ねるだけです。
しかし、相手のことに興味があれば質問は必然的に生まれてくるもの。そのような自然な質問は、面接官に対して「私は御社に興味がありますよ」というアピールにもなるので有効です。

②面接を受ける企業について事前に調べておく


①でも述べましたが、質問をする際に大切なのは「相手に興味をもつ」ことです。そこで事前準備として、しっかりと企業/業界研究をしましょう。すると質問内容も

「御社の強みを教えてください」

というような質問ではなく

「私は○○が御社の強みだと思います。しかし、現在の状況から見ると競合に対して△△が強みであると言えなくもないと思います。いかがお考えでしょうか。」

といった、一歩踏み込んだ質問をすることができるようになります。
このような質問をされれば面接官も「この学生は自分の会社に興味を持ってくれているんだな」と好印象を抱くでしょう。

③質問の回答がどのような意味を持つか考える


最後に、自分の質問に対する面接官の回答が、「自分にとってどのような意味を持つのか」を考えたうえで質問をするようにしましょう。
例えば、②で例に出した「企業の強み」についてですが、この質問が「自分はこれだけ御社のことを調べてきたんです」というアピールをするためだけの質問ならば意味がありません
インターンの面接にせよ就活の面接にせよ、もしその選考を通過したらあなたはその企業でインターンをする、あるいは働くことになるのです。なので、もし自分が選考を通過しその企業でインターンをする、あるいは働いたときに自分が後悔しないために、その企業についてすべてを理解しておく、という覚悟と意識を持ってみてください。
すると、きっと本当に自分が尋ねたいことが頭に浮かんでくるはずです。

さいごに


さて、いかがでしたでしょうか。
この記事を最後まで読んでくださったみなさんに一つだけ覚えて頂きたいことがあります。
それは「面接を突破することはゴールではなくスタートである」ということです。
③の項で書きましたが、自分がインターンをする、あるいは働くときに後悔しないため、自分がその企業に対して抱いている疑問を、ぜひ「何か質問はありますか?」という質問を投げかけられた時、面接官に問いてみてください。

【Via careerおすすめインターンシップ!】
【語学力に自信のある学生必見】アジアのマーケットを舞台にビジネスを経験したい学生を募集します!

【ゴールドマン・サックス出身の経営者直下】グローバル・ガジェットメーカーにおける長期インターン生を募集!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【インターン生インタビュー】大学1年生の島田大さんにインタビュー!長期インターンを経験して気づいたのは、自信ではなく、嫌になるほど惨めな自分でした。

【株式会社identityインターン卒業生:安西佐織さん】「働く」ことは良いことばかりではない。

カテゴリを絞る