社会人として結果を出すために求められる4つの能力とは

  • 目的志向力
  • 思考力
  • コミュニケーション能力
  • 実行力
著者:株式会社Via career

実際に企業で働くとなると、そこで求められる能力も今までとは違うもの? 大学生の今から社会人として結果を出すための能力を鍛えることは可能? そんな社会人として結果を出すために求められる能力と、それを大学生のうちから身に付ける方法についてお話しします。

■関連URL:【業界研究】直接金融(証券会社)と間接金融(銀行)の違いって何?

社会人として結果を出すために求められる4つの能力


今回は、社会人として結果を出すために求められる能力として、
目的志向力
思考力
コミュニケーション能力
実行力
の4つの能力についてお話しさせていただきたいと思います。

■関連URL:【ゴールドマン・サックス出身の経営者直下】グローバル・ガジェットメーカーにおける長期インターン!

目的志向力


気づいたらもう一週間経っていた。気づいたらもう今月が終わりそうだ。今週、俺なにしたっけ?そんなことを思ったことはありませんか?

社会で結果を出している社会人はそんなことは決して思いません。社会で結果を出している社会人は、日々みずからの目標を達成するため、何が目的なのかをはっきりと捉えて、その目標に向かっています。この能力が目的志向力です。会社の中で果たすべき長期的・短期的な目的、自分の人生での目的など、目的をしっかり持っている人ほど、社会の中で結果を出されている方が多いです。

しかし、大学生が目的を見つけることは容易ではありません。
目的が見つからなければ、時間のある大学生のうちに、様々な機会に本気で飛び込んでみてください。特にインターンシップは、仕事の中で新しい夢や目的を見出すのに適切な機会の一つです。

■関連URL:外資系メーカーのファイナンス部門に内定した先輩の話(上智大学出身)

思考力


次に必要なのは、思考力。多くの大学生は、思考力と聞くと「論理性」を思いうかべるかと思いますが、思考力とは、論理的思考だけを指すわけではありません。
課題の抽出も、課題解決のアイデアを考えることも、個々のアイデアの実現性や会社の戦略との兼ね合いなどの思考も、社内で誰にそのアイデアを通したら実現するかという戦略も、すべて思考力。論理的思考は、あくまで実行や現象の「裏付け」や「証拠」として、自他の理解を求めるものであることは忘れてはいけません。常にアンテナを張って、深く広く、論理的に考えていく思考力も社会で結果を出していくために必要な能力の一つです。

こうした思考力をビジネスの場で求められるのがインターンシップで、実際にその思考を社会人から評価を受けて、ブラッシュアップしていくことができます。

■関連URL:【特別コラム】「大手企業に就職=安定」という思考はもう捨てた方がいい

コミュニケーション能力


自分の考えた案はとても素晴らしいはずなのに、周りの人に理解してもらえない。それは他人の理解能力がないわけでも、案が悪いわけでもありません。あなたに「コミュニケーション能力」が足りないのです。

コミュニケーション能力ときくと、知らない人に話しかける能力と考える人が多いかもしれませんが、コミュニケーションとは、単純に情報伝達することだけではなく、相手に共感・理解などの感情を発生させたり、何らかのアクションをもたらすもの。
つまり、単純に言葉を用いて何かを伝えるだけではなくて、相手を動かすことができて初めてコミュニケーションが成立します。そして、そのようにして相手を動かすことのできる人こそが「コミュニケーション能力の高い人」と呼ばれるのです。

インターンシップにおいては、ビジネスを成功させるために相手を説得する機会が多々あるでしょう。インターンシップを通して、相手を動かすことのできるコミュニケーション能力を手に入れてください!

■関連URL:「将来の自分と向き合う」ために、押さえておくべき重要なポイント

実行力


最後に、社会で結果を出している人たちが持っている能力として挙げられるのは、「実行力」。
『論語』には、「君子は言に訥にして、行に敏ならんと欲す」という言葉もある通り、口先では壮大なことを言っていても、それに実行が伴っていない人はビジネスパーソンとして信頼を失います。そして何より、何事も動かなければ始まらないのです

大学生のうちに感じることは難しいかもしれませんが、会社に入ると事業の成功・継続のために成果を求められますし、その分、忙しさや責任へのプレッシャーが伴い、多くの社会人でも実行力を継続することは難しいです。

いきなり社会人になって求められると、つらくなってしまってしまったり、逃げ出したくなってしまったりしまいます。インターンシップでは大学生のうちから、少しづつ裁量を与えられていって、実行していくことができる絶好の機会。インターンシップを通し、実行力を磨きつつ、たくさんの失敗や成功体験を重ねていって、成長していってください。

■関連URL:まずは「インターンの相談会に参加して話を聞きたい」という学生はこちら!

カテゴリを絞る