意外と軽視しがち!?長期インターンの志望動機を書くときに意識すべき4つのこと

  • 長期インターン
  • 志望動機
  • 面接
  • 就職
  • 経験
著者:株式会社Via career

長期インターンシップや就職活動をする際に、必ず経験する「面接」。長期インターンや就職の面接はバイトの面接とはわけが違います。学生はとくに面接慣れをしていないので、どういった準備をすればよいのか、面接官がどういったところ見ているのか、分らないのではないでしょうか。今回は、学生が意外と見落としがちな「長期インターンの志望動機を書くときに意識すべき4つのこと」をご紹介します。

志望動機を書く際に意識すべき4つのポイントとは


最初のポイントは応募するときの「志望動機」にあります。Via careerでもそうですが、多くのインターンサイトの応募フォームでは、「志望動機」を記入しないといけません。その際、気を付けるポイントが以下4つです。

文章の量
文章の内容
なぜ志望動機を明確にしておいたほうがいいのかを理解しておく
自己の経験に基づいて主張する

01. 文章の量


インターンの志望動機を書く際、文章の量は多ければ多いほどいいというわけではありません。しかし文章を見れば、多少たりともその学生がどのくらいの気持ちでインターンに応募したのか分かります。最初に学生を判断する材料は、応募フォームに申し込んだ際に記入した内容になります。

02. 文章の内容


ここでいう目的とは、「自分は何のためにインターンに挑戦するのか」ということです。
「営業の仕事を経験したい」「エンジニアとしてのスキルを身に付けたい」「○○株式会社の○○の事業に興味がある」このような既に明確にインターンをしたい職種や業界が決まっている(=目的がハッキリしている)という方は、以下4点を具体的にしたうえで、志望動機に含めるといいでしょう。

将来どうありたいのか、どういう人間になりたいのか
なぜそうありたいのか
①のためにその企業でどういう経験を得たいと考えたのか
①のためにその職種でどのようなスキルを得たいと考えたのか

中々、明確に将来こうありたいという学生は少ないと思います。そんな学生は、まず自分の過去を掘り下げることで、「自分の性格」「興味のあること」「好きなこと」「苦手なこと」を整理することから始めてみてはいかがでしょうか?

03. なぜ志望動機を明確にしておいたほうがいいのかを理解しておく


志望動機が明確ということは、インターンをする目的が明確ということになります。なぜ明確にしておいた方がいかというと、以下のような理由が挙げられます。

ゴールがない状態でインターンをすると、「明確に何を自分が得たのか」を振り返ることができない
目的がない状態よりも目的がある方が、一つ一つの仕事に対するスピードや質が上がる

もちろん、最初は「とにかく成長したい」という理由でがむしゃらに突き進んでいくことも いいと思いますが、本気で長期インターンに取り組んでいれば、「自分のいまの能力では超えられないこと」や「そもそも何でインターンをやってるんだろう、と目的を見失いかける」など、壁にぶちあたります。

そんなときに、将来こういう風にあるために、今自分に足りていないスキルと経験を得て、成長したいといった「明確な目的」があれば、目の前の困難から逃げることなく、どうすればその壁を超えることができるか、自分で考え、行動し続けるでしょう。

結果的に、目的に明確にしていた方が、頻繁に自分を振り返ることができ、大きな成長につながります。

04. 自己の経験に基づいて主張する


最後のポイントは「自分の経験に基づいて主張すること」です。
なぜこれが重要なのか。それは自己の経験に基づいた主張には「人を動かす力がある」からです。

例えば、
「将来、ITの分野で起業したいので、ぜひ貴社でインターンをやりたいです。なぜITで起業したいかというと、1人でも多くの世界中の人々に自社のサービスを味わって、幸せになってほしいからです。」というA君と、

「将来、ITの分野で起業したいので、ぜひ貴社でインターンをやりたいです。なぜITで起業したいかというと、私の過去にある○○××という楽しかった経験が大きく関わっています。その大きな経験の裏にはITの存在があり、今度は私がその楽しさや笑顔を1人でも多くの世界中の人々に味わってほしいので、ITで起業したいと考えています。」というB君。

あなたが面接官であれば、A君とB君、どちらと一緒に働きたいと思いますか?
おそらく大半の人々がB君と答えると思います。このように自己の経験に基づいた主張には「人を動かす力」があります。

なので、ぜひ皆さんもこれからインターンや就活時の志望動機、ESを記入する際、自分の経験から志望動機などの主張をしてみる、意識して取り組んでみてはいかがでしょうか?

【こちらもどうぞ!】
意識するだけで採用率があがる!?インターンの面接で意識するべき4つのこと
【インターン経験者インタビュー!】Retty株式会社:位田浩大さん

【Via careerおすすめインターンシップ!】
【アプリ開発をしたい方必見!】急成長ベンチャーで、アプリのノウハウを徹底的に学ぶ長期インターン!(株式会社バンク・オブ・イノベーション)

カテゴリを絞る