学生がプログラミングを勉強したほうがいい3つの理由

  • プログラミング
  • 初心者
  • 講座
  • エンジニア
  • 需要
著者:株式会社Via career


最近、プログラミングはアメリカの「Code.org」はじめとして世界中で注目を集めています。日本でも「インターンで、プログラミングスキルを勉強している」「無料でプログラミングを学べるサービスも増え、勉強している」といった学生もよく見かけます。ただ、やみくもにプログラミングを勉強するということはやめましょう。「なぜプログラミングスキルを勉強する必要があるのか」を考えた上で勉強してみましょう。

プログラミングを学んだ方がいい3つの理由


特に近年のスマホの普及などによって、私たちの生活は急速にデジタル化が進んでおり、 それを支える、プログラミングの重要性は明らかでしょう。

自己実現する力が身に付く。
収入になる
学ぶのにコストがかからない

①自己実現力が身に付く


プログラミングを学ぶ最大のメリットは、自分のアイデアを形にできることです。

昔とは違い、専門的に学んだことがなくとも、発想と実行力のある人、自分のアイデアで世の中を変えたいと思う人が、ソフトウェアを開発できる時代になりました。自分で思いついたアイデアをアプリやサイトにしたりできたら、楽しいと思うはずです。

特に起業を志す学生は、プログラミングスキルを習得しておいて損はないです。「こういうサービスをつくりたい」という学生は多いですが、実際に実現する力を持っている学生は中々いません。経営者として、技術的な視点を持つことができれば、起業した後の成長スピードも上がります。

②収入になる


これからエンジニア・プログラマーの需要は増えてくる一方です。

ただ、エンジニア・プログラマーの需要は増えている反面、2020年には140万人のプログラマーの需要に対し、専門課程を修了する学生は40万人程度といわれています。 最近では、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトにも、Webサイト構築やアプリ開発の仕事が溢れており、エンジニアとして就職せずとも、PCとスキルさえあれば、お金を稼ぐことができるという「時間と場所にとらわれない、新しい働き方」が生まれています。

日本最大級クラウドソーシングを運営するランサーズとは

③学ぶのにコストがかからない


そして、最後に「コストがかからず、気軽に始められる」ということです。昔までは専門のスクールに入り、参考書で勉強し独学でしか身に付けられませんでしたが、今では、学ぶ機会やツールも増えてきています。プログラミングを学ぶ「ツール」と「機会」について紹介したいと思います。

【ツール】
・ホリエモンも絶賛!HTMLやCSS、PHP、Jqueryを無料で学べる「Progate
http://prog-8.com/
・3分動画でマスターするプログラミング学習サイト「ドットインストール
http://dotinstall.com/
・プログラミング自習サイト「Code academy
http://www.codecademy.com/ja
・JavaScriptを学ぶなら「Code Study
http://www.codecademy.com/ja

【機会】
・怒涛の8日間「スパルタキャンプ
http://spartacamp.jp/
・週末1日で1000行コードを書くプログラミングキャンプ「CODE1000
http://code1000.net/
・ジョブウェブ ゼロからはじめる「プログラミング講座
http://www.jobweb.jp/s/zeropro1


【Via career:エンジニアインターン情報ページ(未経験可もあり)】
http://via-career.jp/works/search/4/

【Via career:エンジニア関係コラム】
・『プログラマー』とはそもそもどの様な職種なのか?
・プログラミングを勉強したい人は、まずは「HTML・CSS・JavaScript」から始めよう

カテゴリを絞る