【マーケティング基礎編】「マーケティング」における基礎知識を押さえましょう。

  • マーケティング
  • 基礎知識
  • Webマーケティング
著者:株式会社Via career

そもそも「マーケティング」とは?


マーケティングは、ビジネスにおいて押さえておくべき必要不可欠な存在です。
経営学や経済学などを学んでいる学生はもちろんしっかりとした知識や理解があると思います。しかし「マーケティング」と聞いても、「?」が出てくる学生や何となくわかっているけど、そんなに知識も理解もできていない学生もまだまだいると思います。

そもそもマーケティングとは、
『企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。』とされています。(引用:Wikipedia)

つまり簡単に言うと「自分達のモノを相手(顧客)に購入(満足)してもらうための活動」ということにもなります。

普段どういう所で使われているの?


ビジネスにおいて、このマーケティングがどう活かされているのか。普段私達の生活のどこで使われているのか。実はマーケティングというのは、私達の生活のありとあらゆる所で実践されています。

例えば、「価格」です。商品1つ1つに付けられている価格。
実はこれもマーケティングの1つです。市場において、どのくらいの価格を設定すれば、お客様が自社の商品を手にしてくれるのか。ただ安ければ良いわけではありません。しかし、高すぎても誰も買いません。
売り手は、お客様が「これは買える!」「買いたい!」と思う価格を設定しなければなりません。
また、広告・宣伝などのプロモーションもマーケティングの1つです。
お客様に自社の商品をどう見せれば、買いたいと思うのか。また誰を商品CMに起用すれば、買ってくれる人が増えるのか。

私達の生活における様々な場面で、『マーケティング』は使われているのです。

よく聞く「Webマーケティング」とは何か?


ここまで述べてきたように、様々な所で活かされているマーケティングですが、最近よく耳にするのが「Webマーケティング」という手法。ITの活用がどの業界にも必要不可欠な状態になり、同時にWebマーケティングの実践も企業にとっては当たり前の存在になっています。

そもそもWebマーケティングとは、簡単に言うと「WebサイトやWeb技術を応用したマーケティング手法」です。
企業の事業内容によって内容は多岐にわたるので一概には言えませんが、Web広告による自社のWebサイトや商品の告知宣伝、Webサイトで展開する商取引活動(いわゆる電子商取引)、Webサイトを窓口とした顧客との継続的な双方向の情報交換、消費者参加型の商品企画イベントの開催、また事業内容に関連する市場調査やマーケティングリサーチに、WebサイトやWeb技術を応用することなどが、Webマーケティングに含まれます。

消費者への自社ブランドの印象付けや、顧客ロイヤルティの獲得、リピータ確保などに効果が高く、うまく使いこなせば他メディアより低いコストで、極めて効果の高いマーケティング効果を得ることができます。 しかし高い効果を得るためには、それ相応の高度なノウハウが必要にもなります。

改めて、マーケティングとはどういうものかご理解いただけたかと思います。
しかしあくまでもここで示しているのは、基本中の基本である内容ばかりです。ぜひとも、これからマーケティングという分野において、知識・スキル・経験を積んでいきたいと思う方は、本を読むなり、インターンで実務を経験するなりで様々なことにトライしてみてはいかがでしょうか?

【Via career:マーケティング領域職種ページ】
http://via-career.jp/works/search/2/

カテゴリを絞る