名刺交換の仕方と大事なポイント

  • ビジネスマナー
  • 名刺交換
  • 適切
著者:株式会社Via career



まずは落ち着くこと


名刺交換を行うタイミングのほとんどは、訪問先や先方の方とご面会して、すぐになります。
最初の挨拶から始まり、自分の勤務先である会社と部署、そして名前を「ハッキリ」と伝えなければなりません。その際に慌ただしい雰囲気でいれば、必ず相手にも伝わります。
だからしっかりと慌てずに、落ち着いてから、名刺交換を行うようにしましょう。
その方が、その後のコミュニケーションがよりスムーズに進むことに繋がります。

目下である自分から先にお渡しする


これは押さえておくべきポイントです。訪問先の方などと名刺を交換する際、一般的に目下の者から差し出すのがマナーです。
特にインターン生であれば、全員に当てはまることだと思います。インターン生は、相手の名刺は自分が渡してから、受け取るようにしましょう。
また、もし目上の方が先にお渡しされた場合は、すぐに「申し遅れました。」と伝え、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すようにしましょう。

もちろんこの場合でも、目上の方が受け取った後に目下の者が受け取るようにしてください。

*ビジネスにおける、目上・目下とは
(目上:お金を出す側)
(目下:お金を頂く側)

と認識しておきましょう。

丁寧にやさしく受け取る


相手の名刺を受け取る際は、必ずやさしく手を添えるようにして受け取るようにしましょう。
また、相手の名刺にある会社のロゴや名前に、自分の手が触れないようにしましょう。
そういった行為も相手にとっては失礼にあたります。

そして、受け取る際は「○○様ですね。頂戴致します。」と言葉も添えて、頂くことを心がけましょう。その後、頂いた名刺はすぐに名刺入れ等に入れてしまうのではなく、テーブル上の自分から見て「左側」に置くようにしましょう。
また複数の方から頂いた場合は、自分から見た座席順に名刺も同様に並べるようにして置くようにしましょう。

名刺交換で決まる


ここまで名刺交換における礼儀・マナーについてお話しましたが、最後は心がけです。
例えば、あなたが「営業」に行こうと、「ご面会」の場になろうと、名刺交換は「第一印象」でもあり、「挨拶」でもあり、相手と名刺を通して「繋がった瞬間」でもあります。

名刺交換という小さな行為の中に、色々な意味があるのです。大切なのは「相手を敬う気持ち」です。
決して疎かにせず、人と人との繋がりを創る「名刺交換」の基本をしっかりと押さえて、素敵なビジネスパーソンを目指しましょう。

カテゴリを絞る