【立命館大学陸上競技部】浦田源基|「体育会の学生が就活に有利」は当たり前の話

  • 立命館大学
  • 陸上部
  • 浦田源基
  • 体育会
  • 就活
著者:株式会社Via career

【名前】 浦田 源基
【所属大学/所属学科】 立命館大学経営学部経営学科4年
【所属体育会】 男子陸上競技部 長距離(3000m障害)
【大学時代の主な活動】 陸上・マラソンの伴走
【趣味】 サッカー・ランニングで観光地巡り

Q1. 陸上、そして現在の種目はいつ頃から、どういった経緯で始められたんですか?


陸上を始めたのは中学3年の時です。もともとはサッカー部に所属していましたが、私がいた中学校が小さな学校だったこともあり、駅伝部のメンバーが足りていない状況でした。その時に陸上部の顧問の先生に「駅伝に出ないか」というお誘いを受けて始めことがきっかけです。高校でサッカーを続けるか悩みましたが、中学時代で結果を残すことができので、駅伝強豪校である熊本、九州学院高校に推薦入学をさせていただきました。

現在の種目である「3000m障害」は高校2年の秋に、新人戦で出場枠が空いていたので志願して始めました。新人戦では4位に終わり、九州大会に駒を進めることができませんでしたが、3年の高校総体では、県大会、南九州大会で入賞し、インターハイに出場することができた経緯から、大学でも同じ3000m障害をつづけています。

Q2. 大学でも陸上を続けようと思った詳細を伺ってもいいですか?


正直、高校で陸上は辞めるつもりでしたが、大学で部活をしていない自分を想像した時に、充実した毎日を送れていない気がしたことと、せっかく全国レベルになるまで頑張ってきたのだし、もう少し上を目指したいという欲が湧いてきたため大学でも陸上を続けることを決めました。また監督の後押しもあって推薦をいただいたので関西トップの立命館大学に入学することができました。

大学へ入学してからは、高校3年最後の全国高校駅伝で掲げていた入賞ができず悔いが残っていたので、大学での陸上人生に火がつきました。高校卒業後はすぐに大学の練習に参加し、関西大会と西日本大会の3000m障害メンバーとして1回生から出場し、2回生3回生時にも出場することができました。充実した毎日が送れていることを実感しているのでやっぱり続けていて良かったなと思っています。

Q3. 体育会に属していたからこそ、もしくは陸上でも野球を続けたからこそ「良かった!」と言えることは何でしょうか?


様々な人に出会えたことです。私は経営学部に所属していますが陸上部に入ったことで他学部の人と出会えました。
特に、「スポーツ健康科学部」の学生と関わりを持てたことは私の陸上人生に、非常にプラスになったと思います。彼らとの関わりを持てたことで、中学・高校の顧問が言っていたことには論理的な根拠があったことを身に染みて感じ、それからは一つ一つの効果を考えて練習するようになりました。
また、大学での陸上では部外と関わる活動も多く、その一つとして「障害者スポーツ」にも携わってきました。盲目マラソンランナーの伴走やリオパラリンピックマラソン競技代表の内定が決まっている選手が、昨年から立命館に練習しに来られていたので関わる機会が多くありました。やはり日本を代表される方の努力されている姿はすごく刺激になりましたし、会話している中で自分にはない人生観を聞くことができました。

このように自分には無い、様々な経験をしている人々に出会うことで自分の価値観、思考の幅が広がったと思います。

Q4. 普段、「勝つため」「強くなるため」にどんな事を意識して練習に取り組む、また日々過ごされていますか?


チーム内でライバル意識を持つことです。もちろん他校の選手に勝つことを考えていますが、日々の練習の中ではチームメイトと走ることの方が多いです。毎日競い合う中で、「あいつに負けたくない」という闘争心が生まれ、身の入った練習や自主練習を考えてやるようになります。
春のトラックシーズンの公式戦では1つの種目に3人しか出ることできないため、かなり競争率が高くなります。少ない出場枠を獲得するために常に仲間にも勝って、安定して調子を保つことが必要となります。さらにライバル意識を持つことは「勝ち」への執着心にもつながります。最後の一踏ん張りが習慣化され、勝負強さが身についていると思います。

Q5. 少し就活・就職についてのお話しを聞かせてください。まず「体育会の学生は就活に有利」と、よく言いますがそれについてはどう思いますか?


私自身も有利だと思っています。実際に「体育会限定就活イベント」や「体育会生枠」という事実が存在します。しかし、ただ毎日練習して、試合に出るだけでは意味がありません。どのよう工夫し、どのような意識でやってきて、チームにどのような貢献をしたのか、どのような結果を残してきたのかが重要です。
このような地道な経験の積み重ねによって、体育会に属している学生は具体性を持って話すことができ、企業側にもイメージを持たせやすいと思います。また、多くの企業が求めている、挑戦意欲、協調性、リーダーシップという人間性が自然と備わっていきますし、リフレッシュもうまくできるので体育会学生は離職率も低いようです。

Q6. これから社会人として働くわけですが、「体育会活動」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


体育会活動も働くことも、組織の一人として自分の役割を果たすという意味で同じだと思います。
組織としての大きな目標があって、その中に個人の目標があり、その個々の積み重ねが組織の目標達成に繋がります。一人一人の努力がチームの戦力に大きく関わってくると思います。また、体育会部活動には主務や会計など幾つかの役職があります。この役職が機能していなければ組織としての運営や大会に出ることもできません。

こういった大学体育会活動は、学生主体として様々な役職を担いながら組織の運営やチーム作りをしていくという意味でも似ていると思います。経験面のみならず精神面においても、これまで述べたような社会人に似た経験ができるので社会に出るための心構えも作っていくことができる良い環境だと思っています。

Q7. 最後に!浦田さんご自身が大学での体育会活動を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


人とのつながり、出会いを大事に考えるようになりました。
高校の時は周りに支援されていることが当たり前かのように過ごしてきました。しかし、大学では部のお金の状況を一人一人が把握するようになっています。実際にかかっている金額を目にすると、大学やOB・OGの支援がどれだけ大きいかを感じます。また、日本最高のスポーツ研究施設であるJISSの最先端トレーニング研究の被験者を体験することはなかなかできることではありません。

本当に縁というのはどこにあるかはわかりません。一つの出会いが自分自身に大きな成長をもたらし、貴重なものとなることを現在の環境では大いに実感しています。こういった気づきから、人とのつながり・出会いを大事にし、人との接し方が変わることに繋がりました。また人見知りな部分がもともと私にはありましたが、今では無くなり色んな人と関わっていくことが好きになりました。

これから社会に出てからも人との関わり方が、今後の人生を左右させるのではないかと考えているので、一期一会を大切にしていきたいと思います。

浦田さん、ご協力いただきありがとうございました!

この記事を読まれた方はこちらも読まれています!


【Via career人気インターン!】
【圧倒的成長型インターン】アクセンチュア&リクルート出身の経営者直下のインターン募集!

「売れる仕組み」を一緒に創造してみませんか?明るくて 元気で素直な方を募集しています!

【Via career人気コラム】
【関東学院大学硬式野球部】浅川椋さん|「目標を達成できないまま、野球をやめることはできない」

【業界研究】航空業界ってどんな業界なの?

カテゴリを絞る