【関東学院大学硬式野球部】浅川椋さん|「目標を達成できないまま、野球をやめることはできない」

  • 関東学院大学
  • 野球部
  • 浅川椋
  • 体育会
  • 目標
著者:株式会社Via career

【名前】 浅川 椋
【所属大学/所属学科】 関東学院大学 経済学部経済学科4年
【所属体育会】 硬式野球部
【大学時代の主な活動】 部活動
【趣味】 買い物

Q1. 野球はいつ頃から、どういった経緯で始められたんですか?


野球は小学4年の時に学校の部活動に野球部があったので、入部しました。
もともと幼稚園の頃から父がコーチをしていたチームの試合を見に行く機会が多く、野球をやっている選手がかっこいいと思い、自分もやってみたいという感情が芽生えことがきっかけで小学校の野球部に入部しました。改めてそう考えると、野球を始めたのは父の影響が大きかったのかもしれません。

Q2. それから中学・高校と続けてきて、大学でも野球を続けようと思ったのはどうしてですか?


高校時代の目標であった、「日本一」を達成できなかったからです。あの時は本当に悔しい思いをしました。 高校から大学への進学を考えるときに、「目標を達成できないまま、野球をやめることはできない」と強く自分の中で思い、大学野球の道で「日本一」を取るために大学で野球を続けることを決意しました。

入学して3年が経った現時点では、まだ日本一という目標は達成できていないのですが、この最後の1年勝負の年なので、必ず日本一を達成して大学野球生活を終えたいと思っています。

Q3. 体育会に属していたからこそ、もしくは大学でも野球を続けたからこそ「良かった!」と言えることは何でしょうか?


大学でも野球を続けてきて良かったことは数え切れないほどあるのですが、その中でも特に良かったと言えることが2つあります。
1つ目は、大学野球という学生野球最後の舞台に自分が身を置けていることです。どういうことかというと、チーム全員が1つの目標に向かって進めている環境にいるという事です。こういう環境って、限られた学生のみしか経験できないことだと思います。チームで目標目指して互いに切磋琢磨していく。だから、自分も成長できているんだと感じます。周りのメンバーや監督さんには感謝しかありません。

そして2つ目が、様々な人との出会いがあったことです。練習中はライバルである仲間や、試合の対戦相手である選手も、試合が終われば単なる相手ではなく「戦友」です。こういった多くの人との出会いが自分を創っていて、大学野球をやっていて良かったと思う事です。

Q4. 普段、「勝つため」「強くなるため」にどんな事を意識して練習に取り組む、また日々過ごされていますか?


勝負事で勝つためには、もちろん日々の厳しい練習が必要だと思います。でもその一方で、長時間多くの練習をやれば勝てるというものではないと思います。一つひとつの細かい練習でもしっかりと試合をイメージしてやることが大切だと思います。
どんなに単純な練習でも常に試合を想定してやることができれば、同じ練習をやっていても試合をイメージするだけで、成長の幅や実際の結果が変わってくると実感しています。

Q5. 少し就活・就職についてのお話しを聞かせてください。まず「体育会の学生は就活に有利」と、よく言いますがそれについてはどう思いますか?


これは他の大学の体育会の学生も同じ考えを持っていると思うんですが、自分たちのような学生は、まず挨拶がしっかりとできることや、時間をきちんと守ることができるので、社会人になってからもそういった部分で信頼がおかれると思います。

「挨拶ができる」や「時間を守る」というのは、当たり前のことのように聞こえますが、いつどんな時もそれらを実行できる人は多くはないと思います。今自分たちがスポーツをする中でも、そういう部分を結局人は見ていて評価されます。おそらく働く中でも、会社という組織にいる以上はそういう所が大切になってくるのではないかと思っています。

なので、そういった意味合いで「就活に有利」と言われるのではないかと思います。

Q6. これから社会人として働くわけですが、「体育会活動」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


「体育会活動」と「働くこと」は、上下関係などの面で関連していると思います。働くと言うことは、ほぼ100%の確率で自分の上に上司がいると思います。もちろん、体育会にも監督・先生がいてその下に選手がいます。この関係性が、働くことにも体育会活動にも共通して言えることだと思っています。その中で、立ち振る舞いや接し方などは自然と身についていると思います。
また厳しい練習などで身に付けた、「粘り強さ」は働く中でもどんなに精神的に肉体的にもきつく辛いことがあろうと乗り越えられる力になると思っています。

Q7. 最後に!浅川さんご自身が大学での体育会活動を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


自分が大学の体育会活動を通じて最も変わったことは、「考え方」だと思います。
中でも一番感じることは、「野球の練習に対する考え方」です。高校時代までの自分は、全体練習が終われば個人で練習することはほとんどありませんでした。でも、大学に入学してからは、高校時代よりも練習時間が長いにも関わらず、個人で足りないと思ったポイントを全体練習が終わった後や練習が休みの日などに練習をする機会が増えました。

また、全体練習の中でも単にこなす練習ではなく、何のためにこの練習をやっているのか、「目的」を考えて練習するようになりました。このような姿勢で練習に取り組めるようになったのは、間違いなく大学野球を続けてきたからだと強く思っています。これから社会に出ていく中でもこの考え方を忘れず、取り組んでいきたいと思っています。

浅川さん、ご協力いただきありがとうございました!

この記事を読まれた方はこちらも読まれています!


【Via career人気インターン!】
【起業したい学生を募集】急成長ベンチャーで、「企画&マーケティングの力」をつける長期インターンシップ!

【アプリ生産本数世界一の実績!】230%の急成長を誇るITベンチャーで圧倒的成長を!

【Via career人気コラム】
大学4年間は「視野を広げる期間」|リップル・キッズパークインターン生:山本宗太

【業界研究:広告業界vol1】電通や博報堂といった広告代理店が転換期を迎えている!?

カテゴリを絞る