【業界研究】コンサルティング業界の基礎を押さえましょう。

  • コンサルティング
  • 業界
  • 会社
  • 分類
  • 戦略系
  • 総合研究所
著者:株式会社Via career

「コンサルティング」とはよく聞くけれど、具体的にどんなことをやっているのか、どんな会社があるのか、意外と知られていない方は多いのではないでしょうか。
以前、で具体的に詳細をご紹介しましたが、今回は業界としての構造や分野別に見た企業をご紹介していきたいと思います。

コンサルティング業界の市場規模と分類


まずはコンサルティング業界の市場規模です。日本においては、およそ1800億円~3000億円。アメリカにおいては、6兆円~10兆円程度と言われています(ユーロモニターによる)。
過去はリーマンショックや情報革命などを機に、現在は企業の合併・買収(M&A)の増大やグローバル化などによって、実力あるコンサルタントにオファーが集中し、市場としては大きく伸びている業界です。

具体的に業界を分野別にまとめると以下5つになります。

■ 戦略系
企業の全社戦略・ビジョン策定・多角化戦略などの成長戦略策定・M&A・R&D・業務提携(アライアンス)といった、企業経営に関する全社的な分野が対象になる。

■ 業務系
財務、管理会計・生産、販売、人事管理・SCM(供給連鎖管理)・CRM(顧客関係管理)といった業務プロセスや仕組みの構築、改革を対象とする。

■ 組織人事系
人事評価制度、年金や賃金制度の改定や、組織風土の改革、人材育成のための教育研修プログラムの導入などを主に対象とする。

■ IT系
ITインフラの構築支援、CIO(最高情報責任者)アドバイザリー、ERP(企業資源計画)の導入サポートが対象になる。

■ 財務アドバイザリー系
M&A全般(企業価値評価・スキーム・組織統合など)・MBO/LBO・コンプライアンス調査・破産処理・事業再生などが対象。

その他にも、企業やサービスのブランディングやweb専門のコンサルティングもあります。主には上記5つに分類されるでしょう。

メインプレイヤーであるコンサルティング会社


コンサルティング会社には、世界に名を誇る、マッキンゼー&カンパニーやボストンコンサルティング、ベイン&カンパニー、デロイトなどがあります。
見ての通り、コンサルティングはアメリカ発祥ということもあり、そのほとんどが外資系の企業です。

もちろんその他にも、よく耳にするコンサルティング会社があります。総合的なコンサルティングを対象とする、PwC・アクセンチュア・デロイトトーマツコンサルティング・アビームコンサルティング・ベイカレント・日本IBM・シグマクシス・日立コンサルティングなどがあります。
また、戦略系としては、A.T.カーニー・ブーズアンドカンパニー・ドリームインキュベータ・ローランドベルガ―などの会社が挙げられます。

日本でメジャーな野村総合研究所や三菱総合研究所、富士通総研などの総合研究所もあります。

さいごに


改めてここまで、コンサルティング業界における基礎ということで、市場規模や構造・分類、そして主なプレイヤーをご説明してきました。

・日本:1800億円~3000億円 / アメリカ:6兆円~10兆円程度の市場規模である。
・コンサルティングは主に、戦略系・業務系・組織人事系・IT系・財務アドバイザリー系に分類され、各カテゴリーに多くのメインプレイヤーが存在する。

簡潔にまとめると、上記のようになります。少しでも皆さんがコンサルティング業界の基礎について知っていただければと思います。

【この記事を読んだ方はこちらも読まれています!】
コンサルタントに求められる4つの資質

「企業説明会へ行く前にちゃんと準備してる?」学生が事前にやるべき3つのこと

【長期インターン経験者インタビュー】株式会社日本HPのStudent Ambassadorとして、長期インターンを経験している磐崎友玖さんにインタビュー!

【Via careerおすすめコンサルティングインターンシップ!】
外資系コンサルティング企業出身の社長のもとでの長期インターンシップ!!

【SEOノウハウを吸収したい方必見!】少数精鋭のSEOコンサルプロ集団で圧倒的成長を遂げたいインターン生募集中!

カテゴリを絞る