【業界研究:金融業界vol1】直接金融(証券会社)と間接金融(銀行)の違いって何?

  • 金融業界
  • 直接金融
  • 証券会社
  • 間接金融
  • 銀行
  • 収益
  • お金
著者:株式会社Via career

1. 直接金融と間接金融の違い


【直接金融】
直接金融とは、貸し手(個人や企業)が借り手(国、企業)に、直接お金を融通する方法です。証券会社は、直接金融の代表的な金融機関です。証券会社は企業と個人投資家との間に入りますが、仲介だけしか行いません。

【間接金融】
一方間接金融は、貸し手(個人や企業)が銀行を通して、借り手に(国や企業)に、間接にお金を融通する方法です。銀行や保険会社は、間接金融の代表的な金融機関です。

― 直接金融と間接金融の違い
直接金融と間接金融の違いは、” リスクを負う対象 ”です。例えば、証券会社のような直接金融の場合、リスクを負う対象は、貸し手(個人や企業)になります。証券会社はあくまで仲介のみを行うので、企業が倒産した場合などに発生する、債務の返済の責任は負っていません。あくまで、直接金融において「投資は自己責任」と認識されています。

一方、銀行のような間接金融の場合。リスクを負う対象は、お金を預けた貸し手(個人や企業)ではなく、金融仲介機関(銀行)になります。銀行がお金を貸した先が倒産し、お金が返せなくなった場合は、銀行が損失を負うことになり、貸し手(預金者)の預金は安全に守られます。

2. 銀行(間接金融)と証券会社(直接金融)はどうやって儲けているの?


【銀行の収益】
銀行は、預金という形で資金を集め、その資金を元手に個人や企業に貸し付けを行っています。この時、銀行は預金者に利息(預金金利)を払わなければなりません。銀行は預金者に払う利子率よりも高い利子率で個人・企業などに貸し付け、その差が銀行の収入となります。

<銀行の収益>
(平均貸出残高×平均貸出金利) - (平均預金残高×平均預金金利) + 手数料収入

【証券会社の収益】
一方、証券会社は、投資家や企業などが直接やり取りを行う際に、その取次や仲介を行っています。直接金融の方法の一つとして、企業が、株式や債券(社債)を発行して投資家に買ってもらい、事業を行うために必要な資金を得るやり方がありますが、ここで証券会社は、株式や債券などの証券の発行にあたって、企業の手助けをして、購入する投資家の募集の取り扱い(ブローキング)を行っています。証券会社は、投資家の株式売買を取り次いだ際の手数料によって収益を得ています。

また証券会社の収益には、上記のような手数料収入だけでなく、証券会社自身のお金で株や債券の売買を行うものや(トレーディング)、機関投資家向けの情報の提供(リサーチ)、株式や債券などの新規発行証券の引き受け(アンダーライン)、顧客に対するM&Aや財務アドバイザリーの提供などによる収益があります。

【まとめ】
銀行の主な収益:お金を貸す際の利息と預金者に支払う利息の差額
証券会社の主な収益:仲介する際の手数料

3. 金融業界への就職を目指している学生へ


金融業界は、複雑で実際にどのようなことを行っているのか分からないという学生多いのではないでしょうか?そこで、金融業界を見る際に、どのような観点から見ればよいのかをお伝えしたいと思います。

① 銀行と証券会社(投資銀行)の違い
② 銀行と証券会社(投資銀行)が提供しているサービス(業務内容)
③ どのようなプレイヤーがいるのか
④ 収益構造(何によって収益を上げているのか)
⑤ 銀行と証券会社(投資銀行)の部門
⑥ 金融業界の過去の変化
⑦ 銀行が求める人材/証券会社が求める人材
⑧ 銀行/証券会社(投資銀行)に就職することで得られるスキルと経験
⑨ 入社後のキャリア
⑩ 就職活動の時期

今回は、この中でも、①銀行と証券会社の違い、④収益構造(何によって収益を上げているのか)について、基礎的なことを説明させていただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。

【金融業界に就職したい学生におすすめのインターンシップ!】
会計の知識を持った学生インターンを募集しています!

ゴールドマン・サックス出身の経営者直下で仕事が経験できる!

【こちらのコラムも合わせてどうぞ!】
【業界基礎編】商社業界の基本知識を押さえましょう。

【業界基礎編】人材業界とはどういう業界なのか?

カテゴリを絞る