【国士館大学空手道部】福山博貴さん|スポーツと働くことは大きく繋がっている。

  • 国士館
  • 空手
  • 福山博貴
  • 体育会
著者:株式会社Via career

【名前】 福山 博貴
【所属大学/所属学科】 国士館大学 政経学部経済学科3年
【所属体育会】 空手道部
【大学時代の主な活動】 空手道部部員・男子寮寮長
【趣味】 映画鑑賞・美味しいもの探し

Q1. 空手はいつ頃から、どういった経緯で始められたんですか?


空手を始めたのは、小学校3年生の5月でした。しかし、最初は野球部に入部したかったのですが、もともと気が弱くて野球部のコーチに「入部させて下さい」と言うこともできずに、周りの友達が他の部に入部し始めて、「自分もどこかに入部しなきゃ」と思っていたところ、父親に「お父さんの友達に空手を教えている人がいるけど空手をやってみるか?」と言われたのがきっかけで、町道場に入り、空手を始めました。
あとは、当時泣き虫だった自分を変えたいという思いも強かったですね。周りの友達に空手をやっている子なんて誰一人としていませんでしたし、今思うと父親の一言がなければ、空手とは出会えて無かったと思いますね。

Q2. 大学でも空手を続けようと思ったのはどうしてですか?


大学でも続けようと思った一番の大きな理由は「もっともっと競技者として上を目指してみたい」という思いでした。小学校3年で始めた空手も、最初は試合に出させてもらっても一回戦負け、良くても二回戦負け、そんな感じで結果もなかなかついてこず、途中で空手がイヤになり辞めたくもやりましたが、私に空手を出会わせてくれた父の言葉や思いがあり、日々の稽古を積み重ねる内に、中学生で全国大会に出場できるぐらいの実力もつきました。
そして中学3年の時に始めて熊本県チャンピオンになった時に「空手を続けてきて良かった」と思うことができました。その年に勢いに乗り、九州中体連でも優勝することができ、そこでもさらなる高みを目指して九州学院高校に進学しました。高校でも県総体3連覇や九州大会などを制しました。インターハイではベスト16止まりでしたが、高校最後の試合であった岐阜国体で初の全国大会ベスト8に入ることができました。

そこで満足することなく「もっともっと上を目指したい」その一心で国士舘大学に進学し、空手で日本一になり、世界でも羽ばたく選手になる、と心に決め空手を続けました。今年は学生最後の年でもあるので、自身の夢の実現のためにも気合い入れていきます!

Q3. 体育会に属していたからこそ、もしくは大学でも空手を続けたからこそ「良かった!」と言えることは何でしょうか?


やっぱり何事に対しても耐えられる力がついた事ですかね。これはスポーツをやっているほとんどのアスリートも同じだと思います。これまで私は、空手を通して道場での稽古、高校の部活、そして大学での部活で己の心と体を鍛錬してきました。
しかし、いつどのタイミングでも妥協し、楽な方に逃げようと思えば正直逃げることはできます。でもそこで妥協してしまうと自分自身に負けた気がしてすごく嫌なんです。自分が手を抜いた稽古をやっているうちに、他のライバルが一歩も二歩も先に行ってしまうんです。だから私はこれまでも、そしてこれからもストイックに生きて行こうと思ってます。

こういった私の芯を作ってくれた原点が空手であり、その空手を続けてきたことに意義や価値があるんだと思っていますね。そして、1年後には社会人として新しい場所で、自分を出して行かなければならない時に、その忍耐力を武器にして突き進んでいきたいですね!もちろん社会人になってからも空手は続けていきます!

Q4. 普段、「勝つため」「強くなるため」にどんな事を意識して練習に取り組む、また日々過ごされているんですか?


良い意味で「人と違うことをする」ということと、私生活では「当たり前の事を当たり前にやる」という、2つですね。やっぱり人と同じ事をやっていても、それなりのレベルで止まってしまいますし、極端な話しをすると、そのまま選手人生だって終わってしまいます。
なので、町道場の稽古でも、高校、大学の部活の練習にしても、同じ場で練習をしているライバル、隣にいるライバルと同じ事を、同じだけやっていても勝てないと思うんです。だから練習だって人の2倍、3倍やるし、声だって誰にも負けない程出します。まずは身近にいるライバルに負けないように、人の見ていない所での影の努力のような、人と違う事をすると意識しています。

生活面での「当たり前の事を当たり前にやる」これは高校時代に身につきました。その当たり前の事とは、挨拶や部屋を綺麗にする、とかそういったことです。普通のことなんですが、結構おろそかになりがちなんです。そういった所に自分の心の弱さが出てきて、その弱さが試合でのミスに繋がっていると思っています。だから私はそういった細かい部分にも気を配っています。

Q5. 少し就活・就職についてのお話しを聞かせてください。まず「体育会の学生は就活に有利」と、よく言いますがそれについてはどう思いますか?


一般的にはそう言われているかもしれませんが、実際の所そうとは限らないと思っています。体育会に属している学生も、そうでない学生も、やるべきことをしっかりやっていれば同じようにチャンスはあると思います。ただその中で、何かしらの体育会に属している学生は、勉強する時間や土日を返上して日々の練習に取り組み、自分の技術向上に励んでいます。その成果として出た競技実績を評価してくれる企業なども少なくないと思います。

しかし一方で、体育会の学生全員が好成績を残せるとは限りません。だからこそ私達、体育会に属している学生は、全力で部活動に取り組みます。逆に体育会に属していない学生も、我々が部活に費やしている時間を何かしらの資格取得に使ったり、ボランティア活動をしたり、最初に書いたように「やるべき事をしっかりやる」ということを徹底していれば、誰であっても何の変わりもなく評価されると思います。ただその目標やゴールに行きつくための近道をどれだけ自分で準備するかだと思います。結局は自分次第って事ですね!

Q6. 1年後社会人として働くわけですが、「体育会活動」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


私自身、現在部活動と勉強のかたわら飲食店でアルバイトをやっているんですが、アルバイトを始めてすぐの頃、覚えることが沢山あり大変でした。でも接客業でとても重要な目配りや気配りの面では、今までの部活などの経験のお陰で、あまり困ることは無かったですね。
そもそも「アルバイト」と「就職」を同じにするのは間違っているかもしれませんが、体育会に属してきて、そこで活動をやってきたからこそ分かる上下関係の厳しさや、様々な対応能力には自信があると言えます。そういった精神面での関連性は体育会と働くことの間にはあると思います。

また、社会人として働きながらスポーツを続けていく事も、体を動かすことでリフレッシュに繋がったり、どんな場面でもスポーツが心の支えになってくれると私は思います。

Q7. 最後に!福山さんご自身が国士館大学での体育会活動を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


それは「考え方と世界観」だと思います。中学までは道場の中だけの空手、高校で初めて部活動として団体・チームの一員としてやる空手、大学で上京し、熊本から離れ未開の地での空手、私の空手人生はこのようにして、どんどん世界観を広げてきました。
その中でいろんな経験を積んで、空手だけの考え方と世界観が変わったわけではありません。人としての考え方が変わり、世界観も広がりました。

そして、大学に入って最も変わったと思うのが「自主性」ですかね。高校の部活というのは、たいてい嫌がって当たり前、もしくは半強制的のような形で空手をやっていました。しかし、大学では大人として競技と向き合い、さらに自分自身を客観視しながら競技する必要性が出てきます。その中で「自主性」を重んじて競技に磨きをかけなければならない。そういった気持ちの面が1番変わりましたね。

福山 博貴さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
【アプリ開発をしたい方必見!】急成長ベンチャーで、アプリのノウハウを徹底的に学ぶ長期インターン!

強い志を持ったベンチャー経営者達と仕事ができる長期インターンシップ!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【サイバーエージェントインターン卒業生】久保敦俊さん「他人との比較は意味がない、大事なことは他にある。」

【就活経験者インタビュー】就活中にもバックパック!?大事なことは心身の空気を入れ替えながら取り組むこと。『IT企業内定:河合杏奈氏(立教大学4年)』

カテゴリを絞る