【株式会社identityインターン卒業生:安西佐織さん】「働く」ことは良いことばかりではない。

  • 株式会社identity
  • インターン
  • 安西佐織
  • 大学生活
著者:株式会社Via career

(写真:前列の右端)

【名前】 安西 佐織
【所属大学/所属学科】 東京女子大学 現代教養学部 人文学科
【インターン先】株式会社identity
【大学時代の主な活動内容】 長期インターン・海外旅行

Q1. はじめに、これまでの大学生活について簡単に伺わせてください。


これといって特別なことはしていませんでした。アルバイトをして、友達と遊んで、長期休暇にはよく海外へ旅行をしていました。ただ学校の授業にはきちんと出席して単位だけは落とさないようにしていました。サークルも途中で辞めてしまったので、自由に好きなことをしていました。

Q2. 株式会社identityでは、どういった業務を担われていたのでしょうか?


主に新規事業の新規顧客開拓営業をしていました。

― そういった業務を通じて得られたスキルや学びは何でしょうか?
得られたものとして私が一番実感しているのはコミュニケーション能力です。営業を通じて、様々な方とお話をする機会が多かったので、どんな人に対しても物怖じすることなく話ができるようになりました。

また、これはとても基本的なことのように思えますが、相手の話を聞くことの大切さを学びました。自社のサービスを売るにしても、こちらがただ一方的に話すのと、相手の話を聞きながら相手のニーズを考えたうえで話を進めるのとでは得られる結果も違いました。こういう姿勢は仕事にかぎらず意識していきたいですね。

Q3. インターンへはどういった経緯で参加されたのですか?安西さん自身のきっかけや動機について伺わせてください。


インターンを始めた当初の私の動機は正直言って曖昧でした。単純に大学生活に刺激がほしくて、なにか人と違うことがしたいと思ったことがきっかけです。

そこで長期インターンシップサイトで最初に見つけた企業様が今回のidentityでした。当時identityにはアプリ開発の企画がしたくて応募しました。(実際には企画ではなく、営業でしたが今思うと営業でよかったと思っています。)
一番にみつけた会社で長期インターンを経験させていただいたことはある意味、縁があったと思っています。

Q4. インターンを経験する中で苦労や悩みがあったと思いますが、それらに対してどういった考え方で取り組まれていましたか?


― どういった苦労・悩みがありましたか?
自分の知識のなさにはずっと悩んでいました。お客様やお客様に成りうる企業様へ訪問したときは、一人の営業マンとして話をしなければならなかったので、その度に勉強しなければと痛感していました。

― それらに対する意識・考え方とは?
もちろん、経験の浅さや専門知識の欠如ということはあるかもしれませんが、それでもidentityの営業として働くという責任もあったのでインターンという立場に甘えず、分からないことは社員の方に聞いたり、自分で調べたりするなどして何かしら一つでも多くのことを吸収する姿勢を心掛けていました。

Q5. 改めて振り返ってみると、インターンを通じて最も変わったものは何でしょうか?インターンを始める前と終えた後についてお聞きできればと思います!


一番の変化は「働く」ことに対してのイメージです。インターンをする前は「働く」ことに対して楽観的に考えていました。
しかし、インターンを終えて今考えることは「働く」ことは良いことばかりではないということです。むしろ大変なことや苦労すること、悔しいことの方が多いように感じました。

しかしだからといって悲観的になったのではなく、大変だからこそ、1つ1つの達成から得られる喜びは本当に大きなものであり、それが「働く」ということなのだと思いました。

Q6. 今だからこそ言える、安西さんにとって大学4年間とはどういった位置づけになりますか?また、学生生活を送るうえで大切だと思う事を伺わせてください。


大学4年間は最も自由が与えられている時間だと思います。その4年間で何をするかは人それぞれですが、大学生活を良いものにするのも、悪いものにするのも結局自分自身だと気づかされました。
時間も体力もある大学生だからこそやりたいと思ったことは積極的に挑戦していくべきだと思います。大学生活は長いようですが、4年あるからと思って何でも先延ばしにしていくと何もしないまま終わってしまいます。すでに3年が経ってしまいましたが、本当にあっという間です。

行動する前に考えることも大事ですが、「思い立ったら即行動」も大学生ならありだと思います。

Q7. 最後に、この株式会社identityでの経験を今後にどう活かそうと考えているのか、ぜひ具体的にお聞きできればと思います!


その会社に対して何かしらのイメージはありますが、実際の企業のことを知るにはやはりインターンのように実際に企業に入ったり、自分で見たり聞いたりすることが重要かつ、最も正確だと思いました。

正直まだやりたいことがはっきりしていないので、情報収集や自分の視野を広げるという意味でいろいろな場所へ足を運んでいきたいと思っています。実際に働く人に会い、話を聞く機会を増やしながら自分の方向性を明確にしていきたいです。

【株式会社identity:絶賛インターン募集中です!】
【アプリ生産本数世界一の実績!】230%の急成長を誇るITベンチャーで圧倒的成長を!

安西佐織さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
【役員運転手派遣・役員秘書派遣サービスを経験しませんか?】数多くの経営者と接することで世界観が広がる長期インターン!

【人のキャリアを支援するインターン】転職支援を通じて多様な価値観に触れる長期インターン募集!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【留学経験者インタビュー】曽山祐貴さんのノルウェーNHH経済大学への留学経験談「日本で準備できることは全てやっておく」

【サイバーエージェントインターン卒業生】久保敦俊さん「他人との比較は意味がない、大事なことは他にある。」

カテゴリを絞る