【大学内と外の視点を持つことが大切】株式会社トモノカイでインターン中の川口さんへインタビュー!

  • 長期インターン
  • トモノカイ
  • webマーケティング
  • スキル
  • 経験
  • 川口幹人
著者:株式会社Via career

【名前】川口幹人
【所属大学/所属学科】慶應義塾大学理工学部3年
【所属インターン先】株式会社トモノカイ

Q1. 大学での主な活動内容を簡単にお伺いしてもよろしいでしょうか。


大学入学直後に学内のテニスサークルに入り、大学1年生の夏休みまでは遊んでばかりいる生活を送っていました。サークル中心の生活に飽きてきた7月から集団塾の講師を始め、そこから大学2年生の4月までは塾でのアルバイトを中心にしていました。次のステップを模索していた大学2年生の6月から、株式会社トモノカイで長期インターンを始め、そこから現在まで、大学の授業と長期インターンの2つに注力して生活しています。

Q2. 長期インターンに挑戦しようと思ったきっかけや動機は何でしょうか。


きっかけは「塾講師で自分が成長できるのはここまでかな」と思ったからです。受験直前講習なども担当させてもらえたので、「あと1年ここで働いた時の成長度と他の場所での成長度だと後者の方が大きいのでは」と考えました。そして、”駒”ではなくて大きい裁量があるところ、社会人になってからも活きるスキルが身につくところという軸でインターンを探しました。トモノカイにしたのは、送られてくるメールマガジンにたまたま求人が載っていたからです。

Q3. これまで担ってきた業務内容と長期インターンを通じて得た経験とスキルを教えていただけますでしょうか。


長期インターンを通じて得られたものは、【Webマーケティングにおけるスキルと経験】と【マネジメントする側でのスキルと経験】の2つです。
まず、WEBマーケティングのスキルとしては、SEOやリスティングの知識、それを元にページを企画し〜改善するまでのPDCAを回すスキルですね。その中で、リンク数が倍ある競合のページから検索順位1位の座を奪うこと、ページを改善してコンバージョンを出すことを経験しました。ここでの1番の学びは「ある分野の知識の習得の仕方・活かし方」というインプットしてアウトプットする流れが自分の中にできたことだと思います。

もう一つが、マネジメントする側でのスキルと経験です。もともと部長や文化祭の企画責任者などを率先してやるリーダー気質だったので、マネジメントは苦手ではないと思っていました。しかし、実際にビジネスの現場となると、自分と周りとの意識の違いに悩まされることが多かったです。でも今は、自分の中で「メンバーの1番の理解者になること」「チームで1番のプレイヤーであること」の2つを意識すると決めたので、それが上手く回るようになってからは悩むことも少なくなりました。

Q4. 実際に働くというのは、始める前のイメージと比べてどうですか?


自己認識と働くことについての認識について分けて話します。正直、インターンを始める前までは「俺ってすごいでしょ感」が少しありました。中途半端に器用なので、ある程度のレベルまではこなせると分かっていて、インターンでも自分は通用すると思っていました。でも実際、インターンをしてみると「自分が全く通用しない環境」というのがそこにはあり、考え方から伝え方まで、何から何まで自分には足りないと実感させられました。

その一方で、働くというイメージの違いはほとんどないです。どこで働いたとしても「多くコミットして成果を出すこと」が求められると思っているので、それは塾講師であってもインターンであっても変わりはないと思います。

Q5. 日頃何をしているときに"成長している"、"ワクワクしている"と感じますか?


仕事では、【できないこと・難しい課題にぶつかっている時】にワクワクします。基本的には、逆境や難題を成長の機会と捉え、それを乗り越えられた時にまた1つ成長できると思っています。また、知らないことを知るという点で、【本や記事を読んでいる時】もワクワクしていますね。面白いものはチームで共有したりしています。

Q6. 大学の外に出たからこそ感じたこと、見えてきたものがあれば教えてください。


大学の外で活動したからこそ、(皮肉ですが)” 大学での勉強は大事”ということが分かった気がしています。笑 大学で学んでいることは決して無駄ではなくて、直接的に何かの役に立つことはないかもしれないけれど、間接的には様々なところで活きてくると思います。先日も短期インターンで”通信”の話をするときに、電子工学科で行ったイベントで聴いた話が活きました。大学内・大学外の両方の視点をもっていたことは、僕自身の視野が大きく広がったので良かったと思います。

Q7. 川口さんご自身の今後の目標を教えてください。


まずは、しっかり就職活動を終えることと、残りの大学生活で悔いのないように、遊びきる学びきることです。就職活動では、納得できる会社に入れてもらってそこで成果を出します。それも、中途半端な成果ではなく、圧倒的な成果を出したいです。 大学生活においては、上で書いたように学ぶことに貪欲に生きたいと思います。

Q8. 長期インターンをするかどうか悩んでいる方へメッセージをお願いします。


悩んでいるならまず行動した方がいいと思います。僕自身、悩んで機会を逃した経験が多くあるので、今はチャンスを逃さないように行動することを意識しています。行動してもしなくても時間は同じように過ぎていきます。ぜひ思い切って飛び込んでみてください!きっと何か見えるものがあると思います。

川口幹人さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
Webマーケティングを学ぶ長期インターンシップ!

日本発世界的ベンチャーを目指すテラモーターズのインターンシップ!世界を舞台に勝負出来る学生を募集しています!

外資系コンサルティング企業出身の社長のもとでの長期インターンシップ!!

カテゴリを絞る