【明治大学準硬式野球部主将】酒井翔弥さんへ直撃インタビュー!父が成し遂げられなかった夢を自分が実現する。

  • 明治大学
  • 準硬式野球部
  • 主将
  • 酒井翔弥
  • インタビュー
  • 全国
著者:株式会社Via career

【名前】 酒井 翔弥
【所属大学/所属学科】 明治大学 法学部法律学科
【所属体育会】 準硬式野球部
【趣味】 映画鑑賞

Q1. 野球はいつ頃から、どういった経緯で始められたんですか?


私が野球を始めたのは小学校3年生の春でした。私はもともとサッカー選手にずっとなりたくて、友達と毎日のようにボールを蹴り続けていました。しかし、そんな時父の一言がきっかけで私は野球にはまり込んでいきました。
私の父は昔から野球をやっていて、息子である私に同じ道を歩んでほしいという思いから、野球というスポーツの存在を教えてくれました。すぐに実家の近くで活動していた少年野球チームに体験入部として行くことになりました。そのチームというのが父が昔在籍していたチームであり、親子二代で同じチームに所属することになりました。私は入部後すぐに、そのチームに馴染むことができて野球が大好きになりました。

こういった経緯から私は野球を始めることになり、父は今でも同じ野球選手として憧れであり、そして目標へと変わる大きな存在となりました。

Q2. 大学で準硬式野球を選択した、もしくは野球を続けようと思ったのはどうしてですか?


私は野球を始めて憧れだった父が成し遂げられなかった甲子園出場、そして全国制覇の目標を達成するために頑張っていました。結果、甲子園には出場できましたが全国制覇という目標を達成できずにいました。
そして進路で迷っていたところ、甲子園に出場した時の先輩が現在所属している、明治大学準硬式野球部に所属されており、「セレクションを受けてみろよ」と言ってくださいました。当時の私は硬式野球をしていたため、準硬式野球に転向することに少し戸惑いがありましたが、いざ受験してみると周りは甲子園に出ていたすごい人たちばかりで、私が思っていた想像とは違う光景がありました。ここでなら目標だった「全国制覇」が達成できると思い入学を決意しました。

Q3. 普段の練習や生活の中で、部の主将として意識していることは何でしょうか?酒井さんが考える主将の役割を伺わせてください。


まず私たちの部では、監督さんが仕事の都合上で平日グランドに来ていただくことができず、主将である私が監督以上の裁量権を持っていることが特徴としてあります。
その中で、学生対学生という関係上、言いたいことを言わずにいたり、全員の目的意識がバラバラであったりと頭を抱えることがありますが、新チームになり全体でミーティングを行った際、全員が「全国で優勝したい」という想いを述べてくれたため、私は各選手の想いを叶えることを原動力に日々困難にも立ち向かうことを意識して練習に取り組んでいます。

そして私が考える主将の役割とは、「チームのことを第一に考えて行動すること」だと考えています。そのためには選手1人1人との会話を大事にし、それぞれが何を思って何を考えているのかを理解することが重要だと考えています。それによって、しっかりとした信頼関係を構築し、選手全員が意見を言いやすい環境をつくり、チーム力の底上げをすることこそが主将の役割だと思います。

Q4. 野球を続ける中で、つらいこと・悩むことも多々あると思うのですが、そういった時はどういう意識で取り組まれていますか?


誰もが一度は通る辛いことや、悩むことについて私は一つの大きな壁として捉えています。
私は、「目の前の大変なことを乗り越えれば大きく変わった自分に出会える」という言葉を常に念頭に置いています。人は必ず何かで悩むし、落ち込むことがあると思います。しかし、その壁を乗り越えることでその先に必ず成長があると思っていますし、乗り越えられない壁はないと思います。

これは捉え方の問題ではありますが、私は悩むことがない人間など存在するわけがないと普段から思っていて、この壁を乗り越えるのも絶対無理と捉えるのか、自分ならできると捉えるのかによって、その悩みを解決できる時間が違ってくると思います。要は簡単でシンプルに物事を捉えることができれば、その悩みというのは解決できると思います。

反対に壁にぶち当たって乗り越えられない人は、一旦冷静になり少し視点を変えてみることによって、意外に解決策がでてきたりするものだと思います。

Q5. 少し就活・就職についてのお話しを聞かせてください。まず「体育会の学生は就活に有利」と、よく言いますがそれについてはどう思いますか?


「体育会の学生は就活が有利」とよく聞きますが正直あまりそうは思いません。
しかし、強みになる、という部分においてはあると思っています。それは体育会ならではの礼儀であったり、上下関係の厳しさがあるので、先輩後輩という縦社会の関係と社会に出てからの上下関係は似ているものがあるので、これは一般学生には学ぶことができないので、有利だと思います。
縦社会のマナーや礼儀をわかっている体育会において、世間知らずな学生はほとんどいないと思います。そういったマナーや礼儀の面においては体育会の最大の強みだと私は思っています。

Q6. 2年後社会人として働くわけですが、「体育会活動」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


「体育会の活動」が「働くこと」においての関連性というのは、先ほどの質問と重複しますが、間違いなく社会人として上下関係におけるマナーや礼儀に関連すると思います。
体育会に所属する学生は、一般学生では学ぶことがあまりない「縦社会の仕組み」ということを、社会に出る前にあらかじめ理解することができています。時には自分に理不尽なことを言ってくる先輩も中には必ずいると思います。そういった時に顔色一つ変えずに対応できるかが普段やっている人とやってない人では必ず差が出ると思います。
なかなか理不尽なことを進んでできる人というのは少ないと思いますし、そういった中で態度に出さず、てきぱきと行動できることが体育会の学生であると思いますし、そこで必ず差が出るのではないかと思います。

Q7. 最後に酒井さんご自身が主将として掲げている、今後の目標や考えていることを聞かせてください!


私が明治大学準硬式野球部の主将として掲げている今後の目標というのは、もちろん「全日本選手権で優勝すること」です。私が今まで野球をやってきてずっと目標としてきた、「日本一」になるという目標をこの準硬式野球部で成し遂げたいと思っています。

しかし私1人では到底達成できるような目標ではありません。ましてや野球は個人ではなく部員全員でやるスポーツです。9人のプレーヤーと控えの選手全員が1つの目標に向かって、ひた向きに努力しなければ達成することなどできません。だからこそ主将である私がチームを引っ張り、全員の気持ちを一つにして、初めて達成できることだと思います。そのためにまずは、部員全員をスタートラインにつかせて引っ張っていけるように頑張りたいと思います。

しっかりとした目標を持って頑張りますので、明治大学体育会準硬式野球部の応援をよろしくお願い致します。最後までお読みいただきありがとうございました。

酒井 翔弥さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
日本発世界的ベンチャーを目指すテラモーターズのインターンシップ!世界を舞台に勝負出来る学生を募集しています!

国内屈指の成長率を誇る急成長ベンチャーでの長期インターンシップ!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【アイスホッケー学生日本代表】明治大学の松金健太さんへインタビュー!日本代表経験を通じて見えてきたものとは。

【昨年関東リーグ3位:慶應大学體育會サッカー部】高校時代にインターハイベスト8、大学1年からレギュラーとして試合に出場し、全日本、関東選抜にも選ばれた溝渕雄志さんにインタビュー!

カテゴリを絞る