【昨年関東リーグ3位:慶應大学體育會サッカー部】高校時代にインターハイベスト8、大学1年からレギュラーとして試合に出場し、全日本、関東選抜にも選ばれた溝渕雄志さんにインタビュー!

  • 慶應大学
  • 溝渕雄志
  • 體育會
  • サッカー部
  • 体育会インタビュー
  • 體育會経験
著者:株式会社Via career

【名前】溝渕 雄志
【所属大学/所属学科】慶應大学総合政策学部3年
【所属体育会】慶應義塾大学體育會サッカー部

Q1. サッカーはいつ頃からどういった経緯で始められたんですか?


小学校1年生のころに、「足が速い」という理由で近所の人からサッカーの試合に来てほしいと誘われたのがきっかけです。その時に、「ボールを蹴ること」が楽しく感じ、次の日にはサッカー少年団に入りました。小学校の頃は、ダントツで足が速かったこともあって、順調に上手くなっていき、一番レベルは高かったと思います。

― 中学ではどのようなサッカー生活を送ってきたのでしょうか。
地元は香川なんですが、中学校はとにかく厳しいクラブチームに入りました。ちょうどタイミング的に、新しい指導者の方が九州の方から監督として来まして、小学校の頃まで持っていた自信をいい意味で打ち砕かれました。ただ、ここでの経験は自分の軸を形成するうえで大きく影響していて、元Jリーグ出身の監督のもとで、今の自分の強みである【ストイックさ 】と【謙虚さ 】を学ばせていただいたと思っています。

― 高校では千葉に上京し、3年間サッカー漬けの寮生活を送っていたとお伺いしたのですが、そのきっかけと経験をお伺いできますでしょうか。
自分が中学二年生のときに、初めて全国大会に出場したんですが、予選で全敗を喫し、全国レベルのチームや選手との差を感じました。三年生のときには、その経験を活かし全国大会で勝つことを目標に精一杯やったのですが、またしても全国大会の予選で全敗を喫しました。その時に、同じ県や地域に全国レベルのチームや選手がいる本州で“自分をより成長させたい”と強く思うようになり、上京を決意しました。

― 高校ではどういうきっかけで高校を選択したのでしょうか。
中学卒業後に、流通経済大学付属柏高等学校に進学を決めました。中学時代にサッカーを見ていただいて、スカウトされたのがきっかけです。1学年50人いるチームで、そのほとんどがスポーツ推薦で入ってきていたので、中学と比較しても、圧倒的にレベルが高いと痛感しましたね。

― どのようなサッカー生活を送っていたのでしょうか。
振り返ると「二度と同じ生活はしたくない」と思うようなサッカー漬けの毎日でしたね(笑)。自分は上京してきたので、寮生活を送っていたのですが、毎日5時半に起きて、6時から1時間半練習をして、授業を受けて、放課後3,4時間練習をする、練習後は洗濯、夕食、就寝という生活を送っていました。今振り返ると、正直きつかったなと感じるのですが、厳しい環境で、サッカー漬けの毎日を3年間送ることができたのは、他の学生ができない経験であり、よりストイックにかつ謙虚にサッカーに取り組む姿勢を得られたと思っています。

― 高校時代の実績等お伺いできますでしょうか。
実績から言うと、インターハイはベスト8で、高円宮杯東日本3位でした。1年生のころは、Aチーム、Bチーム、Cチーム、1年生のチームと4つに分かれて練習し、1年生の中で切磋琢磨し、レギュラーの固定もなく、1年間過ごしました。2年の時にBチームに昇格し、6月あたりからAチームに昇格しました。ただ、一番順調な時期に怪我をしてしまいまして、そのまま高校2年を終えました。3年生は怪我の影響で、少しスタートが出遅れたのですが、復帰後は全試合スタメンで出場させていただきました。

Q2. 大学でもサッカーを続けようと思ったのはどうしてですか?また途中でやめようと思ったことはありますか?


もともと高校入学の段階で、「進学校に行く」という親の想いに反対して、サッカーだけできる環境に飛び込みませていただきました。ただ、高校では常に1,2位の成績を取れるよう勉強していまして、そういった高校時代の勉強とサッカーの積み重ねが活かせる「文武両道」を実践している大学ということで、慶應大学を選びました。受験後は、4月入学と同時に開幕メンバーに入ることを目標に、高校のOBを通じて、2月から大学の練習に参加させていただいていました。

― 実際に入ってみてどうでしたか。
高校時代はサッカーだけに特化したチームで【サッカーができるやつが一番】でしたが、大学に入ると【サッカーで結果を出すことの重要性】はもちろん、そのほかにも、後輩としての仕事や、規律、ミーティングといった【サッカー以外のことで重要だと感じること】が増えました。

特に、これは慶應大学體育會特有だと感じているのですが、【ミーティングの徹底】には驚きました。時期にもよっては、1ヶ月から2ヶ月間の毎日、もしくは2日に1回ミーティングを行います。サッカーに関することだけでなく、それぞれの組織内での役割や目的、理想状態など、お互いのことを時間をかけて理解し、把握していきます。必ずしもミーティングが試合の勝利数につながるとは限りませんが、同期を知り、同期を認め、チームの結束を固めることはチーム全体の力に還元されていきます。試合での声援に対する感じ方も変化し、【試合の重要な場面で、一歩を踏み出す勇気】をいただいています。

― 高校サッカーと大学サッカーで感じる違いは何でしょうか。
1番の違うのは、【フィジカルの強さ】ですね。具体的には、プレーのスピード感とぶつかったときの体の強さです。もちろん年齢にも影響しますが、自分の場合、大学2年になるまで、フィジカルを鍛えるための筋トレをしてこなかったので、このままでは通用しないと痛感しました。

― フィジカルの課題に対して、どのように改善していったのでしょうか
大きく改善したことは二つで、【食事管理】と【筋力トレーニングの導入】です。食事の量を増やすだけでなく、体作りにとって良いものを出来るだけ食べるようにしましたね。筋力トレーニングに関しては、先輩方が実施していたものなどを参考に、最初は独学で行っていきました。今はジムに通っているので、トレーナーの方に食事、筋力トレーニングのアドバイスをいただきながら改善しています。

― 改善後、実際にどのような変化を感じますか。
もともとはあまり、オバーラップしないサイドバックだったのですが、体が強くなったおかげで、【行けなかったタイミングでも無理やり突破できるような強さ】が出てきたと感じています。最初はどちらかというと短所だった部分が、フィジカルトレーニングと食事管理のおかげで、長所にまで持って行くことができましたね。

Q3. サッカーをやっていて、” 苦しいと感じるとき”はいつでしょうか。その際、どのように乗り越えたのでしょうか。


上記で伝えたように、中学での経験、高校時代の練習など苦しい経験は数え切れません。ただこれまで、サッカーを嫌いになることは一度もありませんでした。「サッカーが好きで仕方がない」、「もっとうまくなりたい」。この二つが壁にぶつかったときに自分を動かすモチベーションになっています。

― サッカーで伸びる人と伸び悩む人の差について教えていただけますでしょうか。
伸びる選手も伸びない選手も必ず壁にはぶつかります。ただ、壁にぶつかったり、きついことがあったとき、誰かに足りない部分を指摘されたときに、「一言目に言い訳が出る選手は、そこで立ち止まって終わる可能性が高く」伸び悩んでいる印象を受けます。中学、高校、大学と、チームには必ず伸びる人と伸びない人がいました。自分は、自分が出来ないことを「正当化」させるような発言、行動は一切しないように意識していますね。

あとは、「持っているか持っていないか」の違いが影響すると思っています。”運” “めぐり合わせ“です。出会うべき時期に出会うべくして出会うこと。自分は、高校時代に、自分を引き上げてくれる監督と出会い、大学でも将来性に期待して、1年生から試合に出していただき、壁にぶつかったときは、助言をくれる監督にお会いできたからこそ、大きく成長できたと痛感しています。そういった”めぐり合う運”を持っているかどうかは意外と成長スピードにおいて重要だと感じています。運やめぐり合いは、意図的に引き付けられるものではないと思いますが、小さい言動や行動が、人格をつくり、人格が運を引き寄せることに繋がるのではないでしょうか。

Q4. 体育会に所属していただからこそ、もしくは大学でもサッカーを続けていたからこそ「良かった」と言えることは何でしょうか?


慶應大学體育會特有だと思うのですが、慶應大学はスポーツ推薦がありません。AO入試では、スポーツで代表歴がある人でも落ちてしまうことがあり、スポーツができれば誰でも入れるというわけではありません。

スポーツだけをやってきた人たちが集まる大学ではないので、サッカーをやりながらも学業に力を入れてきた人、校外での活動に取り組んできた人など、色んな価値観を持った人たちと繋がることができます。體育會の活動を通じて、「サッカーのスキルが向上するだけでなく、自分の考える力や知識の幅を広がることができた」のは、慶應大学體育會に所属していたからこそだと思います。

― 大学サッカーをやっていてよかったと感じることはありますでしょうか。
将来が明確になったこと】ですかね。もともと高校のときは、プロに行けると思っていなかったのですが、「大学に入ってから、プロになりたい」という思いが強くなりました。意外にも、あれだけ練習漬けでサッカーをやっていた高校時代よりも大学に入ってからの方が強くなったと感じています。

大学でもサッカーを続けている人は、高校時代にも主力を努めていた人たちがほとんどなので、チーム内はもちろん、大学のリーグ戦での対戦相手や、試合でマッチアップしている相手もプロを視野に入れてサッカーをしている人が多く、そんな相手と切磋琢磨していくうちに、「自分も一番好きなサッカーで、生きていきたい」と思うようになりました。これは大学でサッカーを続けていたからこそだと感じています。

Q5. 1年生からレギュラーとして試合に出ている溝渕さんですが、普段「勝つため」「強くなるため」にどんなことを意識して練習に取り組み、また日々過ごされていますか。


高校時代までの練習と一番違うのは、「主体性」です。高校までは決められた練習をこなしていましたが、大学では、それだけじゃなく、自分の課題意識を、すべてのメニューに持ち込んでいって、常にサッカーが上手くなりたいとより強く意識して練習しています。特に、自分の長所をより長所として強くしていく練習を中心に取り組んでいますね。自分の場合は、オバーラップをして、クロスを上げる。その質と量をとにかく高め、増やすようにしています。

Q6. これまで最も心に残っている試合を教えていただけますでしょうか。


これは大学での試合ですが、【去年のリーグ戦最終戦の早慶戦(大学2年時) 】です。勝てば、インカレ出場が決まる重要な試合だったのですが、ここ3年間早慶戦での勝利がない状態での試合でした。結果的には1-0で勝ったのですが、これまでの試合の中で体力的にも精神的にも一番きつかったです。

― どういった意味で心に残っているのでしょうか。
ロスタイムの体力がつきかけている状態で、自陣でボールを受け取り、相手のコーナーエリアあたりまで60mくらい全速力でダッシュし、相手のコーナーエリアでボールをキープした後、コーナーキックを取った場面。あの時間帯(終盤の終盤)で自分の想像を超えた力で走れたことは自分自身にとって、大きな自信になりました。インカレ出場を決める早慶戦に勝利したという事実も印象に残っていますが、“自分への自信”という意味でも心に残る試合でした。

Q7. 大学での学業の方は普段どうされているのですか?ゼミでの活動など教えていただけますでしょうか?


大学のゼミでは、4人でプロジェクトとして動いています。具体的には、サッカーでの経験から體育會寮の食事の質をもっと高められるのではないかという問題意識から、食堂の方に食事メニューの提案、ディスカッションをしながら、2月上旬への新しい食事メニュー提供の実現に向けて取り組んでいます。

また、慶應の體育會は部と部の横のつながりがあまり強くなく、コミュニケーションを取る機会も多くはないので、體育會としてのつながり、スポーツのかかわりを増やす企画等を考えています。

― ゼミや学業を通じて学んだことは何でしょう。
ゼミでは、”問題提起➡企画➡失敗➡改善➡何か一つを成功させるプロセス”を学び、そのプロセスはサッカーでも必ず通じるということを実感しました。大きい、小さい関係なく、目標のために何が必要で、実際にやってみて、失敗して、繰り返し考えることで武器にする。サッカーにも通じる、ゴールから逆算してプロセスを考える癖はゼミから学びました。

また学生生活をしながら【サッカー以外の興味のある領域】を学ぶことができたと感じています。大学4年間を経てプロに行った選手と高卒でプロにいった選手にはやはり差があり、22歳という年齢は、サッカーの世界では若くありません。ただ、大学進学を決めた以上、サッカーの経験だけではなく、学生だから出来ることにもしっかりと取り組むようにしています。

Q8. 全日本、関東選抜メンバーにも選ばれたとお伺いしたのですが、そこでの経験をお伺いできますか?


自分の将来につながる貴重な経験でした。選抜なので、よりレベルの高い相手と試合することになりますし、よりプロの世界に近いプレーの質を肌で感じることができました。また、合宿や大会を通じて、他大学の強み等を知ることができ、自分自身の成長だけでなく、大会を通じて得た情報や経験をメンバーやチームに還元することで、チームの成長につながる機会でした。

― 溝渕さんが大きく影響を受けた選手はいますでしょうか。
現マインツの武藤さんの影響は大きかったです。自分が1年時の3年生が武藤さん(よっちと呼んでいます(笑))で、1年間一緒にプレーしました。自信家でもあり、人一倍練習する努力家で、一緒にサッカーをしていて素直にカッコいいと思いました。自分自身、筋トレや食事管理を始めたのも、武藤選手の影響が大きく、貴重な時間でしたね。

あと影響を受けた選手は、チームの主務を務めている織井さんです。自分の1個上の先輩で、主務としてチームをマネジメントしながらも、サッカーの練習もしている。誰よりもチームのことを考えて、行動していることをチーム全員が理解しているので、本質的な部分を伝える言動にも説得力があります。先輩を見ていて、自分もサッカーのスキルだけじゃなく、【メンバーを引っ張っていけるだけの人間性】を残り1年間でしっかりと磨きたいと強く思うようになりました。

Q9. チームとしての目標と溝渕さん自身の目標をお伺いできますか。


【チームの目標】
まず、チームの目標は、「関東リーグのチャンピオンになること」です。昨年は3位に終わり、ここ半世紀近く優勝していません。昨年はいいところまで行きましたが、” 優勝争いをした経験の不足”と” 最後の最後での勝負強さが足りず”、優勝を逃しました。

ただ、今年は昨年優勝争いを経験した主力メンバーが11人中8人残るので、戦術や個人の力という面で、最後の勝負所で底力を出せる要素、主にメンタル、フィジカル、テクニックを日々の練習を高めることで優勝を達成したいと思っています。

【溝渕さん自身の目標】
自分自身の目標は、「卒業後、プロサッカー選手になって、日本代表、そして最終的に海外でプレーすること」です。そのための直近の課題は、大きく二つで、” メンタル”と” 突破力”です。メンタルに関しては、リーグ戦22試合ある中で、上手くいかない時にどうプレーするか、どんなに調子が悪くても勝つためのプレーを実践し続けること。突破力に関しては、自分の長所である縦の突破力をより活かすために、斜め、横の動きを高い水準にし、プレーの選択肢を増やすことです。

試合での失敗は受け止めますが、絶対にネガティブな言葉では出さず、自分の能力を疑うことなく、次失敗しないための準備をしたいと思います。

Q10. 最後に、後輩に向けたメッセージをお願いします。


今振り返って強く感じることは、「サッカー以外のことが結果的にサッカーでの成長につながってくると、1年生の時に気づいていればよかった」ということです。

今1年生の人、特に体育会でスポーツを職業にしたいと考えている人は、必ずそこにつながる要素が他の領域にもあるはずなので、大学での4年間を使って色んな領域の人にあって、自分なりの軸を見つけ、積極的な学校生活を送ってほしいと思います。スポーツにおいても、スポーツ以外においても、失敗なんて言葉はなく、全てが自分のプラスになると思うので、とにかく一歩を踏み出してください。勇気を持って行動している人と行動していない人、どちらが「カッコいい」でしょうか。自分は何事も「カッコいいかどうか」を価値観に置いているのですが、スポーツなり、ビジネスなり、学生団体なり、せっかくなら自分の後悔のない「カッコいい、誇れる大学生活」を送ってもらいたいと思います。応援しています。

溝渕 雄志さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
【コンサルティング&営業】長期インターンを通じて"10倍のスピードで成長したい。” という「本気」の学生インターンを募集しています!

【広告・PR業界】世の中に「話題」を生み出す会社でインターンシップをしませんか?本気で成長したい学生インターンを募集!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【亜細亜大学野球部主将】水本弦さんへインタビュー!甲子園春夏連覇を遂げ、大学野球で感じた自主性とは。

【慶應義塾大学應援指導部】木村翔さんに「応援・慶早戦の魅力」についてインタビューさせていただきました!

カテゴリを絞る