【亜細亜大学野球部主将】水本弦さんへインタビュー!甲子園春夏連覇を遂げ、大学野球で感じた自主性とは。

  • 亜細亜大学
  • 野球部
  • 主将
  • 水本弦
  • 大阪桐蔭高校
  • 甲子園春夏連覇
著者:株式会社Via career

【名前】 水本 弦
【所属大学/所属学科】 亜細亜大学 経営学部経営学科3年
【所属体育会】 硬式野球部(主将)
【趣味】 読書・音楽鑑賞

Q1. まず野球はいつ頃からどういった経緯で始められたんですか?


本格的に野球部に所属したのは小学2年生の時です。兄が少年野球に所属していた影響で、幼稚園の頃から練習を見に行くのが楽しみでした。
周囲からの強制ではなく、兄がプレーしている姿や遊び感覚でやっている中で野球の楽しさに惹かれ入部しました。

Q2. これまでの野球生活で最も印象に残っている試合や大会は何でしょう?またその理由も伺わせてください。


大学三年生の明治神宮大会での準決勝です。下級生の頃からレギュラーとして試合に出させて頂いておりましたが、なかなか結果が伴わずに試合に出られる機会が少なくなっていました。
「なぜ結果が出ないのだろう」「スタメンとして試合に出たい」などの色々な感情が入り混じっていた中で、スタメンではなく、代打という形で出場させて頂き、逆転ホームランを打つことができました。

「代打逆転ホームラン」という、これまで経験することのなかったことを経験は、先述したような悔しい思いをしていた中で出た結果であり、かつそれが決勝点となり、チームに大きくプレーで貢献できたということがとても嬉しく、印象に残っています。

Q3. 水本さんは名門大阪桐蔭高校で甲子園春夏連覇、昨年は大学日本一と実績を積み上げてきましたが、高校と大学における「野球」の違いは何でしょうか?


高校野球はみなさんのイメージ通りで、学校が終わってから夜遅くまで、とにかく厳しい練習をしていました。
高校時代はチーム全体としての練習がほとんどでしたが、大学は高校時代の「決められた練習をみんなで行う」ということが少なく、「やるかやらないか」は自分で決めるような「自主性」がとても重んじられてるように感じます。ただ単に言われたことに対して、一生懸命、妥協なく取り組んでいたのが高校野球、自分の意志で何の練習をしたいのか、自分できちんと考えを持って練習に取り組むのが大学野球だと大まかですが、自分は感じます。

大学野球になるとほとんどが成人をしている訳で、ある意味大人の仲間入りをしています。自分で考えて行動に移すということが高校野球とは違い、求められてくるものではないかと考えています。

Q4. これまで水本さんが野球を続けてきた中で「やりがい」を感じる時はどんな時でしょうか?


やはり勝負の世界ですから、試合に勝った時、特に力では劣っている相手に勝つことができた時というのはとても嬉しいですし、その喜びを得る為の練習にはとても身が入ります。

野球というスポーツは工夫や戦略次第で、弱者が強者に勝つことができるものだと思っています。番狂わせがあるからこそ、野球というスポーツは面白いですし、やりがいを感じます。

Q5. 反対につらいこと、悩むことも多々あると思うのですが、そういった時はどういう意識で取り組まれていますか?


もともとあまり落ち込んだり、物事をマイナスに考えるような性格ではありませんが、悩んでしまうような出来事も多々あります。しかし、自分は全てが上手くいってる人間なんていないと思いますし、壁に当たり、試行錯誤を繰り返していくことによって、人として成長できるのではないかと考えています。

今、大舞台で活躍しているような選手でも、壁に当たり、悩んでいるところを見たことがあります。しかし、そういったことを自分の力で乗り切る事ができた時というのは大きな自信にもなりますし、悩みというのはある意味、自分を成長させることのできるチャンスだと自分で解釈をしています。

Q6. 普段、「勝つため」「強くなるため」にどんな事を意識して練習に取り組む、また日々過ごされていますか?


自分は、「自分達はこれだけやってきたのだから」という自信になる経験を多く積む事が大切だと思います。
勝負事でおいて楽に勝てる事はほとんどありませんし、勝っても負けてもおかしくないような紙一重の戦いがほとんどです。当然、プレッシャーがかかる訳でそういった場面で力を発揮させられるかどうかが、勝敗のカギを握ります。そこでプレッシャーをはねのける為の力になるのが「自信」だと思っています。

自信を付けるためには自己満足でも良い、「これだけやってきたのだから」というものを普段の練習から作っていけるように取り組んでいます。

Q7. 最後に水本さんが亜細亜大学野球部主将として掲げている、今後の目標や考えていることを聞かせてください!


大学1年生、3年生と日本一を2度経験しましたがどれも先輩方のおかげでありますし、とても良い思いをさせて頂きました。
勝つとこんなにも良い事がある、良い思いができるということを体感させて頂き、自分自身もう一度同じ思いがしたいというモチベーションから精力的に練習に取り組む事ができています。最上級生になり、いよいよ自分達の力で結果を出していかなければいけません。次は自分達最上級生がチームに貢献するという献身の心を持ち、自分達がして頂いたように、後輩達にも頑張ればこんなにも良い思いができるのだということを、体感させてあげられるように日本一を目指していきたいと思います。

水本 弦さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
株式会社アッション:【社内公用語は英語】総合商社出身の経営者が率いる企業で、グローバルな環境に挑戦する長期インターンシップ!

株式会社アイアンドシー・クルーズ:国内屈指の成長率(1,621%)を誇る急成長ベンチャーでの長期インターンシップ!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【慶應義塾大学應援指導部】木村翔さんに「応援・慶早戦の魅力」についてインタビューさせていただきました!

【亜細亜大学野球部マネージャー】吉本大河さんへ直撃インタビュー!「マネージャー」という役割の本質に迫る!

カテゴリを絞る