【高校でインターハイ、全国選抜大会に出場し、国体3位を経験】慶應義塾大学女子剣道部の安井悠さん(1年生)にインタビュー!

  • 慶応義塾大学
  • 女子剣道部
  • 安井悠
  • インタビュー
  • インターハイ
著者:株式会社Via career

【名前】安井 悠(やすい はるか)
【所属大学/所属学科】慶應義塾大学総合政策学部
【所属体育会】 剣道部

Q1. 剣道はいつ頃からどういった経緯で始められたんですか?


小学校4年生頃に、家の近くに道場へ見学にいったのがきっかけです。
始めは空手がやりたかったのですが、見学しに行った日は空手が休みで、剣道しかやっていませんでした。見学をしていると、道場の先生から「剣道をしないか?」と声をかけられ、断れずに、そのまま始めました。

Q2. 大学でも剣道を続けようと思ったのはどうしてですか?また反対に途中で剣道を続けるかどうか迷ったことはありますか?


― 中学・高校はどのような経験をしたのでしょうか。
中学では、あまり成績を残せませんでした。中学最後の試合で負けていまい、全国大会に出場することができず、とても悔しかったことを覚えています。高校では、誰よりももっと強くなりたいと思い、地元の三重県を飛び出して、剣道が強いと言われている九州にいこうと決めました。親元を離れ、佐賀の高校で下宿生活を送りながら剣道を続けました。当時はきつかったですが、今では高校は県外に行きたいということも許してくれた親や、入学を受け入れてくれた顧問、学校の先生には本当に感謝しています。

― 慶應大学剣道部に入部した経緯を教えてください(=剣道を続けようと思った理由)
剣道はずっと続けるつもりだったので、どこの大学に行っても続けていたと思います。高校生の時に、體育會剣道部の方から、AO入試を勧められたのが慶應に入るきっかけでした。先輩は受験を決めてから、合格するまでずっとサポートしてくださり、そんな素晴らしい先輩のもとで剣道をしたいと考えたので、剣道部に所属しました。

― 途中でやめようと思ったことはありますか? 剣道が辛かったときや、やりたくなかったときはありますが、やめようと考えたことは1度もありません。

Q3. 体育会に属していたからこそ、剣道を続けていたからこそ「良かった!」と感じることは何でしょうか?


沢山の方と繋がることが出来る点です。剣道をしていたからこそ、多くの素晴らしい方々と出会えました。

體育會(慶應義塾體育會剣道部)では、本気で剣道をしている人ばかりです。仲間がいることで、つらい時も励ましあって乗り越えることができ、また、ライバルがいることによってお互い切磋琢磨し、より上を目指そうと思うことができます。そういった仲間やライバルにも恵まれている環境だからこそ、日々楽しく、真剣に剣道を続けられていると感じています。

Q4. 普段「勝つため」「強くなるため」にどんなことを意識して練習に取り組んでいますか?


「勝つため」、「強くなるため」に意識していることととして、【人よりも努力をすること】と【結果にこだわること】を意識しています。

私は、高校時代の顧問の先生から、” 一番努力をした人が優勝できる”と教えていただきました。努力することは、とても苦しく辛いことがありますが、やはり勝ちたいという気持ちの方が大きいので頑張れます。また、応援してくれている方々に” 結果で恩返しをしたい”という思いがあるので、結果にこだわることを練習の時から意識しています。どれだけ良い試合をしても、負けてしまったら、意味がないと思っています。

― チームとして動くうえで意識していることはありますでしょうか。
当たり前のことではありますが、【目配り】、【気配り】を忘れないことです。1人で動くわけでなく、集団で行動するので周りの人に対して思いやりの心は必要だと思いますね。

― どうしてそう思うようになったのでしょうか。
そう考えるようになった理由は、高校時代の顧問の先生の影響が大きいです。剣道の実力や実績は持っている方で、世界大会でも入賞しています。しかし、それ以上にどんな人に対しても、腰が低く、気づかいや心配りができる部分を見て、私も先生のようになりたいと感じました。

― 壁にぶつかった経験があればお伺いできますでしょうか?その際、どのように乗り越えましたか?
高校1年の頃、県大会でも2回戦負けなど、勝ちあがることが出来ませんでした。そこで、先生、部員と話しあって、チーム力を高め、全員が日本一になりたいという同じ目標を持ち続けるためにも、ミーティングを頻繁に行い、稽古量を増やし、トレーニングも自主的にするようにしました。

結果、日本一には届きませんでしたが、インターハイ、全国選抜大会に出場、国体3位という結果を残すことができました。

Q5. 体育会の学生はスケジュールがかなりハードなイメージがあるのですが、学業と両立できる秘訣は何でしょうか?


私は高校の時が厳しい環境にいたので、今はハードではないと感じています。高校での1日は、6時40分から朝練、授業、昼休みはトレーニング、部活、そして部活後にはランニングというサイクルを毎日繰り返していました。その生活のおかげで、体力がつきました。学業は得意な方ではないですが、その体力を活かし、大学は真面目に授業に参加して課題も提出期限を守って提出しています。笑

Q6. 最後になりますが、ご自身が大学での体育会活動を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


剣道以外のことにも真剣に取り組むようになったことです。今は1年生なので、道場の掃除などやるべき仕事が多いのですが、その1つ1つにも意味があると先輩から教えていただきました。例えば、私たち1年生が道場をきれいにすることによって、部員全員がより集中できる環境をつくる手伝いができます。

大学では、高校以上に学生が主体となって部を運営していかなければならないので、とても大切なことだと考えられるようになりました。

安井悠さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
テラモーターズ株式会社:日本発世界的ベンチャーを目指すテラモーターズのインターンシップ!世界を舞台に勝負出来る学生を募集しています!

REAPRA PTE. LTD. :【シンガポールを拠点】東南アジアでのビジネス創造に挑む、海外長期滞在型インターンシップ!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【外資内定者インタビュー】大学時代に3つのプロジェクト立ち上げ、17社のインターンを経験した岡島礼さんへインタビュー!失敗を恐れず、自分の可能性を信じて動こう。

【学生団体インタビュー】アイセック・ジャパンの次期代表、福村圭祐さんに突撃インタビュー!アイセックがこれから目指す未来とは。(慶應大学経済学部3年)

カテゴリを絞る