【立教大学サッカー部】伊藤健太郎さんへインタビュー!「挑戦し続けられなかった自分」を変えるために努力をし続ける。

  • 立教大学
  • サッカー部
  • 伊藤健太郎
  • インタビュー
著者:株式会社Via career

【お名前】伊藤 健太郎
【所属大学/学部学科】立教大学 経営学部経営学科
【所属体育会】体育会サッカー部
【大学時代の主な活動】部活動・ゼミ活動
【趣味】人と話をすること

Q1. サッカーはいつ頃から、どういった経緯で始められたんですか?


きっかけは、小学1年生の時でした。クラスの仲の良い友達に誘われ、「友達の期待に応えたい!」という一心で両親を説得しました。この時、弱小チームと中堅チームの両方に誘われていて、どちらに入ろうか迷っていましたが、父に「試合に出られる方が楽しいよ」と言われ、弱小チームを選択しました。
すると、さすが弱小チームでした。次の日からポジションが空いていたゴールキーパーに抜擢され、たまたま運動神経が良かったせいかそのままゴールキーパーとして育てられました。

そして、いつからか「影の立役者」としてチームを支えるゴールキーパーに魅力を感じ、のめり込んで行きました。

Q2. 大学でもサッカーを続けようと思ったのはどうしてですか?


理由はシンプルで「高校での悔しさを晴らすために、"本気"でサッカーをやりたかった」からです。

私は高校生の時、強豪校に負けて引退しました。ただ引退前から、心のどこかで「強豪校に負けて引退するのだろう」と思っていました。そのせいかそこまで悔しくなく、むしろやりきった感の方が大きかったです。
しかし、次の試合でその強豪校は自分たちよりも格下の高校に負けました。この結果を聞いた時、ショックのあまり膝から崩れ落ちました。これは本当の話です!そしてその後、「どうして試合前から諦めていたんだ!!」と自分を責めまくりました。

そんな悔しさを晴らすためには、「本気でサッカーをやる集団=体育会サッカー部」でなければなりませんでした。そして大学では「挑戦し続けられなかった自分」を変えるために、努力をし続けようと決めました。

Q3. 体育会に属していたからこそ、もしくは大学でもサッカーを続けたからこそ「良かった」と言えることは何でしょう?


叱ってくれる仲間に出会えたことです。これは、本気で目標達成を目指す組織にいたからこそ出来たと思います。自分では気がつかなかった甘さなどに気づくことが出来るので、自己成長につながります。大学ではあまり叱ってくれる人がいません…。

もちろん、サークルやバイト先でも叱ってくれる人はいると思います。でも、体育会という組織は学校から様々な形で支援してもらっています。また、OBOGからもお金をもらっています。だからこそ、結果を出すだけでなく、私生活でも学生の見本となるように振舞わなければなりません。
ここに叱る意味や重みの差が出てくると思っています。だからこそ、私は"体育会に所属すること"に意味があると思います。

Q4. 普段、「勝つため」「強くなるため」にどんな事を意識して練習に取り組む、また日々過ごされていますか?


常に目標を持って取り組んでいます。そしてその目標が達成できたか否か、なぜそうなったのかをしっかり振り返ります。

体育会サッカー部はすでに10年以上サッカーを経験している人たちの集まりなので、チームとして取り組みたいことと個人として取り組みたいことは変わってきます。高校生や中学生のように、コーチに与えられた練習をこなすだけでは成長はありません。与えられた中で、いかに自分の課題を克服できるか、そして日々の練習、一つ一つの練習を無駄にせず、すべてをいかに自己成長につなげられるかが一番大切だと思っています。

Q5. 少し就活・就職についてのお話しを聞かせてください。まず「体育会の学生は就活に有利」と、よく言いますがそれについてはどう思いますか?


結論から言うと、「体育会は有利」だと思います。
でもそれは当然のことだと思っていて、「週6日間、どうしたら試合に出られるか、試合に勝てるかについて考えて練習している人」と「週6日間、どれだけたくさんのお酒を飲めるか競っている人」だったら、確実に前者の方が期待出来ますよね。笑

ただ、ここで勘違いをして欲しくないことは「体育会だけが有利ではない」ということです。
つまり、「何か物事に対して真剣に本気で取り組んでいる人は有利」だと言いたいのです。週6日間サッカーのことを考えていなくても、ゼミ生のやる気を上げるために考え抜くことや、バイト先の売り上げを10%上げることについてでも良い。とにかく、"本気"で取り組んだ経験がある人が有利なのではないかと思います。そういう意味で、自分自身の競技に対して"本気"で取り組んでいる体育会は有利と言われるのだと思います。

とはいえ、まだ就職活動も始まったばっかりなので、明確には分かりませんが…笑

Q6. これから社会人として働くわけですが、「体育会活動」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


「苦しい出来事を乗り越える」という面で関連性があると思います。

自分で選んだ体育会サッカー部という道ではありますが、「今日練習がなければ友達と遊べたのに」「結果も出ないし、試合にも出られないしもう辞めてしまいたい」と思うことは正直あります。それでも、じゃあ退部しよう!とは思いませんでした。これは共に戦う仲間の存在や、試合で勝ったときの喜びが心の支えになっているからです。

また最近、OB訪問を通じて何人かの社会人の方にお話を聞く機会があったのですが、仕事は辛く、しんどいものだそうです。しかし社会人の皆さんも仕事は辞めなかったそうです。それは、仕事にやりがいを感じていたり、共に働く仲間の支えがあるからだとおっしゃっていました。だからこそ、そこに「体育会活動」と「働くこと」の関連性があるのではと思います。

Q7. 伊藤さんが大学での体育会活動を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


「どうすれば出来るようになるか」と考えるようになったことです。
正直、入部当初は関東リーグ昇格なんて無理だろうと思っていました。実際に大学1年生の時は昇格どころか降格してしまいました。しかし、それでも昇格を目指す先輩たちの姿を見て、昨シーズンは関東リーグ昇格に惜しいところまで行きました。その時に感じたのは、「出来そうか出来なさそうかではなく、どうすれば出来るか考えることが重要」であるということでした。

そして、そこに挑戦することで初めて見える世界や成長が出てくるのだと気付きました。ここに気づくことが出来て、本当にサッカー部に入って良かったなと実感しました。

Q8. 最後に!伊藤さんご自身の今後の目標・ビジョンを聞かせてください!


とにかく今は、「関東リーグ昇格」を目指しています。

立教大学がこの目標を達成するためにはサッカーの技術はもちろん、人間性でもレベルアップが必要だと思っています。今の私たちには、特に後者のレベルが圧倒的に足りていません。ここを変えることが出来れば、飛躍的にサッカーのレベルも上がっていくのではと考えています。

伊藤健太郎さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【Via careerおすすめインターンシップ!】
株式会社LiB:女性向けのキャリア支援事業を運営するスタートアップでの長期インターンシップ!

freee株式会社:IVS Launch pad 2013 Spring優勝!日本の中小企業の経営を支えるプラットフォームを一緒につくっていけるエンジニアを募集!

【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【学生団体インタビュー】アイセック・ジャパンの次期代表、福村圭祐さんに突撃インタビュー!アイセックがこれから目指す未来とは。(慶應大学経済学部3年)

【中学1年で劇団四季ラインオンキング:ヤングシンバ役抜擢!】現役芸大生の竹内將人さんへ直撃インタビュー!

カテゴリを絞る