【亜細亜大学野球部マネージャー】吉本大河さんへ直撃インタビュー!「マネージャー」という役割の本質に迫る!

  • 亜細亜大学
  • 野球部
  • マネージャー
  • インタビュー
  • 吉本大河
著者:株式会社Via career

【お名前】 吉本 大河(よしもと たいが)
【所属大学/学部学科】 亜細亜大学 国際関係学部国際関係学科
【所属体育会】 硬式野球部
【大学時代の主な活動内容】 硬式野球部マネージャー
【趣味】 読書・スポーツ観戦

Q1. 吉本さんはマネージャーという役割ですが、どうしてマネージャーになられたのですか?経緯をお聞きできればと思います。


高校から硬式野球部のマネージャーを務めていました。野球自体は中学入学と同時に始め、それまでソフトボールやサッカーなど様々なスポーツに手を出していました。中学3年間はプレーヤーとしてやっていましたが、自分は身体が元々小さく、選手としてプレーしていてもチームには貢献できないと感じました。それなら、「マネージャーという役割で選手と違う視点で物事を考え、貢献した方がいいのでは?」という思いからマネージャーに転換しました。

結果的にマネージャーを務めた高校3年間で多くのことを学ぶことができ、献身的になることの大切さも学べました。そして、高校の監督からの紹介もあり、さらにレベルの高い「亜細亜大学野球部」で経験を積み、マネージャーという役割を全うすることを通じて、さらに成長したいと思ったのがこれまでに至った経緯です。

Q2. マネージャーとはチームにおいてどのような役割を担っているんですか?具体的な仕事内容なども交えてお聞きしたいです。


マネージャーは指導者と選手の間に入る重要な役割です。マネージャーがミスをすることによって監督の考えていることと違う方向にチーム全体が進んでしまうので、監督・選手ともに相手の意図を考えて動かなければいけません。それだけでは無く、多くの企業の社長、他大学の監督、野球部関係者の方々との関わりもあり、チームの顔となる重要な役割でもあります。

仕事内容は試合を組んだり、来客者の対応などを主に行っていますが、毎日仕事内容は変わるのでこれと決まった仕事内容はありません。常に臨機応変に対応し、考えて仕事に取り組まないといけません

Q3. 吉本さんがマネージャーをしていて「良かった!」とやりがいを感じるときはどんな時でしょう?


自然と周囲に気を配ることができるようになったと感じる時、マネージャーやっていて良かったな思います。

例えば、「相手が何を求めているのか?」「自分がどんな行動をすることにより相手が喜ぶか?」ということを仕事の時だけでなく、普段の生活の中でも考えることができるようになりました。その時に、マネージャーという役割にやりがいを感じるようになりました。まだまだ不足していることは多々ありますが、当たり前のことを当たり前にできるようになったのでやりがいを感じています。

Q4. 反対につらいこと、悩むことも多々あると思うのですが、そういった時はどういう意識で取り組まれているんですか?


正直言ってつらいこと、悩むことは多々あります。そういう時は、時間が解決してくれるだろうという意識で取り組んでいます。

1つのことに長い時間をかけて解決しようとしても、次から次につらいこと、悩み事が生まれます。それこそ「負の連鎖」が始まり、さらに自分を追い詰めてしまうことになります。だから、そういう時は少しだけ考えて、そこからは気持ちを切り替えて次に備えます。そうすることにより自然とつらいこと、悩みが減っていきます。

Q5. 体育会の学生はスケジュールがかなりハードなイメージがあるのですが、勉学も両立させた秘訣は何でしょうか?


スケジュールはたしかにとてもハードですね。でも、時間の使い方は自分次第です。

そこでハードだからと言って行動や実行に移さないのはただの言い訳だと考えます。10分でも時間があれば英単語を勉強したり、読書をしたり出来るので、そのちょっとした時間が重要だと考えています。限られた時間をいかに有効に使うことが出来るのかという事を常に意識していたことが勉学と野球を両立させた秘訣だと思っています。

テレビを見るのも、遊ぶのも、勉強するのも全て時間は限られているので全ては自分次第ですね。

Q6. これから社会人として働くわけですが、「野球部マネージャー」と「働くこと」にはどんな関連性があると思いますか?


自分の行動で組織に貢献することが関連性だと感じます。
ただ働くだけではなく、組織に貢献できているのかどうかということが大切だと思っていまして、相手の指示を待って行動するのは、「働く」ではなく単に動くということだと思います。相手の指示を待つのではなく、自ら考えて行動して、働く。

その動くだけではなく「働く」ということが重要であり、「マネージャー」と「働くこと」の関連性だと思います。

Q7. 最後になりますが、吉本さんご自身が大学での体育会活動、もしくはマネージャーという役割を通じて、最も「変わったな」と思うことは何でしょうか?


自分自身が大学に入って最も変わったなと思うのは、相手の気持ちを考えて行動するようになったことです。そして、感謝の気持ちを常に持つようになったことです。

自分本位ではなく協調性を持って相手のことを考えることが大切だと気づきました。また、今の自分がいるのも多くの方々の支えがあったからだと思います。そのことに対して感謝をしていくことによって人間的にも変わったと思います。 当たり前のことですが、出来ていなかった自分が昔にはいたので変わったなと思います。

もっと自分を客観的に見て、主体的に考え行動をしていきたいと思います。

吉本さん!インタビューご協力いただきありがとうございました!


【こちらのインタビュー記事も合わせてどうぞ!】
【立教大学テニス部元主将】鈴木理大さんへ突撃インタビュー!体育会活動を通じて得たものとは?

【Slush Asiaインタビュー】私たちが目指しているのは、次世代を担う若い人々が、未来への可能性に向かって挑戦し続けられるようなムーブメントをつくること。『Slush Asia:東野万美氏』

【Via careerおすすめインターンシップ!】
株式会社リンカーズ:【コンサル希望or理系の学生におすすめ!】戦略コンサルで求められる基本的なリサーチスキルを身につける実践型インターンシップ!

カテゴリを絞る