【3大SNSまとめ】比較してみるとここに違いがあった!?

  • 3大SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 機能
  • 違い
  • ユーザ
著者:株式会社Via career

現代において世界中の大多数の人が利用している「3大SNS」。いわゆる「Facebook・Twitter・Instagram」である。スマートホンが急激なスピードで世の中に普及したことで、多数のユーザを獲得したこれらのSNSの違いについて、今回は見ていきたいと思います。

まずは会社概要を見ていきましょう。


3大SNSを運営する本社がまずどこの国にあるのか。もう言わずとも知られていると思いますが、3つともすべてアメリカから生まれています。

(Facebook)
設立:2004年2月4日
CEO:マーク・ザッカーバーグ
ユーザ数:2,400万人(2014年11月時点)

(Twitter)
設立:2006年3月21日
CEO:ジャック・ドーシー
ユーザ数:1,980万人(2014年6月時点)

(Instagram)
初版リリース:2010年10月6日
作者:Burbn inc(開発元:Facebook)
ユーザ数:国内ユーザ数は詳細不明だが、海外月間アクティブユーザ数は3億人以上(2014年12月時点)

※ユーザ数は日本国内のみのデータです。

設立年や各CEOはこのようになっており、Instagramは2012年にFacebookから10億ドル(日本円で約800億円)で買収されています。

【参考】【2015年保存版】ソーシャルメディアのデータまとめ一覧。ユーザー数から年齢層まで、SNS運用担当者は必見!

■関連URL:まずはインターンの話を聞いてみたい。そんな学生のための相談会を開催しています!

機能的な違いをまとめてみました。


次に3大SNSにおける、様々な機能を項目ごとにまとめました。

(メッセージ)
Facebook:【メッセンジャー】友達・友達でない人に送信可能
Twitter:【ダイレクトメッセージ】フォロワー・フォロワーでない人に送信可能
Instagram:【ダイレクトメッセージ】特定の人のみに写真を公開する際にメッセージを添えることができる(写真または動画の送信必須)

(フィードの仕組み)
Facebook:エッジランクにより時系列で表示されない
Twitter:フォロワーの投稿はすべて時系列で表示される
Instagram:フォロワーの投稿はすべて時系列で表示される

(投稿が届く範囲)
Facebook:友達・友達の友達まで届く
Twitter:リツイートにより全く知らない人にまで届く
Instagram:フォロワー(友達)のみに届く

(フィードに流れてきやすい投稿)
Facebook:友達の投稿・友達が「いいね・コメント・シェア」した投稿
Twitter:フォローしている人のつぶやき・リツイート
Instagram:フォローしている人の投稿<

■関連URL:SNSを通じて、ファッションビジネスを手掛けるインターンシップ!

ユーザは3つのSNSをどう使い分けているのか?


機能的な違いを踏まえたうえで、次は実際にユーザ視点で、これら3つをどう使い分けているか見ていきましょう。

(投稿される種類)
Facebook:①テキスト(リンク)②テキスト+画像③テキスト+動画
Twitter:Facebook同様 ※最大140文字という制限あり
Instagram:写真・動画(テキストは1~3行)

(ハッシュタグ)
Facebook:文化的にあまり根づいていない
Twitter:1投稿に1~2個付けることが多い
Instagram:1投稿に複数付けることが多い(投稿が拡散しないため、ハッシュタグを辿って他人の投稿を見る)

(繋がり)
Facebook:友達・仕事関係の人が中心
Twitter:友達・何かしらの共通点がある人が中心(面識のない人も多い)
Instagram:仲の良い友達が中心

■関連URL:外資系コンサルティング企業出身の社長のもとでの長期インターンシップ!!

一体、どんな違いが見えてくるのか


さて、ここまで3大SNSにおける、機能や実際のユーザ視点での違いをまとめましたが、これらの違いから見えてくる、それぞれの特徴は以下のポイントであるように思えます。

(Facebook)友達の友達にまで話題が届くコミュニケーションツール
(Twitter)フォロワーの遥か先(不特定多数)にまで話題が届くコミュニケーションツール
(Instagram)仲の良い(親しみの深い)人とだけ繋がりを持てるコミュニケーションツール

このようなポイントが出てくるように思えます。しかし、コミュニケーションツールである一方、誰しもが情報の発信手となり、今では情報の収集源になっているツールでもあるとも言えます。
これからどんどん新しいSNSが世の中に出てくることと思います。ユーザの動向やこれまでになかった新機能を持ち合わせたプロダクトが出てくるでしょう。

今後のSNSにおける動向がますます楽しみですね。


【参考】Facebook・Twitter・Instagramの違いまとめ!特徴からユーザー動向まで、3大SNSをどう使い分ける?

SNSを活用するインターンが大人気!


【圧倒的裁量】子供向け知育アプリのPRを担うインターン生を募集します!

【ファッションに興味ありの女子大生におススメ!】世界に向けて「新しいファッション文化」を創造していく仲間になりませんか?

【この記事を読んだ方はこちらも読まれています!】
【業界研究】コンサルティング業界の基礎を押さえましょう。

「企業説明会へ行く前にちゃんと準備してる?」学生が事前にやるべき3つのこと

「体育会は目標達成に向かって努力しなければならない環境」立教軟式野球部の細井龍さんが語る想いとは。

カテゴリを絞る