株式会社フーディソン

  • IT・情報通信
  • 食料・飲食

foodisonは世界の食をもっと楽しくします。

株式会社フーディソン(本社 東京都港区、山本徹社長)では、「世界の食をもっと楽しく」を社のミッションに掲げ、水産業界において、「革新的な物流体制により新鮮な状態で流通させる場」と、「水産物の需要を喚起し提供する場」の構築をしています。

本社所在地 〒104-0045
東京都中央区築地6-26-3 DO築地ビル9階
代表者 山本徹
社員数 社員6名、インターン3名、パートアルバイト7名
事業内容 株式会社フーディソンは、「世界の食をもっと楽しく」を社のミッションに掲げ、水産業界において、「革新的な物流体制により新鮮な状態で流通させる場」と、「水産物の需要を喚起し提供する場」の構築をしています。

現在の水産業界では、市場機能が本来果たすべき役割を果たしていないと認識しており、当社はITを駆使し、新たなプラットフォームを構築することで、本来の市場が果たすべき機能を世の中に提供するために取り組んでいます。
問題意識 水産品の市場構造は、産地の中小事業者と、消費地の中小事業者間の本来は非効率な多対多の直接取引を、効率的にマッチングさせる場として成立していました。

しかし、高度経済成長期に入り市場構造のバランスが崩れ始め、実質的に、多数の中小プレイヤーと少数の大手プレイヤーをマッチングする場となり、圧倒的な購買力をもつ、大手量販による買い叩き構造へと変化しました。

大手量販にとって水産品は、低コストで大量に仕入れて、大量に販売するものの、収益を期待できる商品では無いため、売値は低迷し、販売値がそもそも低いことから漁師、漁協側の収益が悪化し、今では持続不可能なほどの状況になってきています。

このような現状に対して、当社はITを駆使し、認識している問題意識を解決するビジョンと経済合理性を伴った戦略をもって新たなプラットフォームを構築することで、本来の市場が果たすべき機能を世の中に提供するために取り組んでいます。
学生へのメッセージ 当社では、10年後の実現を目指す「ビジョン2023」を掲げており、

全国の多種多様な旬の水産物を、革新的な物流体制により新鮮な状態で流通させる場と水産物の需要を喚起し提供する場を構築することで、疲弊した水産業界の活性化に貢献し、水産物の食をもっと楽しくします。

現在、新たな流通体制の構築に向けて、さまざまな構想を持っていますが、時間と人材が足りていないというのが現状です。

インターンの採用にも力を入れており、学生でも水産業界に興味があれば是非協力して欲しいと考えています。共に水産業界にプラットフォームを構築してイノベーションを起こしていきましょう。
HP http://foodison.jp/

業種をしぼる