株式会社Via career

  • IT・情報通信
  • 人材・就職・転職

学生と企業を早い時期からつなぐ機会を創造し続け、採用のミスマッチを減らします

株式会社Via careerは、「学生と企業を早い時期からつなぐ機会を創造し続け、採用のミスマッチを減らす」というミッションを掲げています。

現在は、「インターン求人事業」と「採用イベント事業」を運営しており、「就活に有利だから」といった小さなスケールではなく、大学生の早い時期から、社会を知り、企業を知り、企業で働くことを知る。そして、1人でも多くの学生に、「働く経験」を通じた「世界観を広げる新しい経験」と、「自分自身の将来と本気で向き合う経験」を提供しています。

本社所在地 〒150-0036
東京都東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
代表者 永渕 裕樹
社員数 2人
事業内容 【インターン求人事業】
実践型インターンサイト「Via career」を運営しており、社会・ビジネスに対して、知識・経験・スキルを身につけたいと考えている意欲の高い学生と、アーリーステージ、業績拡大中のベンチャー企業のマッチングを行っています。

★Via careerのインターンの最大の特徴★
Via careerでは、必ず学生さん一人一人にお会いして、ヒアリング・企業選定・志望動機の添削・面接の対策まで丁寧にサポートさせていただいています。そのため、スキルや経験のない学生さん(大学1,2年生)であっても、高い採用率を実現しております。

Via careerが提供するインターンシップの3つの特徴とは?
Via career Facebookページ
【採用イベント事業】
Via careerでは、学生と企業を早い時期からつなぐ機会として、1ヶ月半に1度「Careerup for student」というイベントを開催しております。

★過去の登壇者★
株式会社リブセンス 村上太一様
株式会社ウィルゲート 小島梨輝様
株式会社Retty 奥田健太様
株式会社ギブリー 山川雄志様
株式会社Loco Partners 酒井俊祐様 等

Careerup for student詳細
問題意識 Via careerは、「就職活動」という概念にとらわれずに、「自分自身に対して本気で向き合い、将来に向かって早い時期から主体的に考え、行動する学生」を増やすために作られた会社です。

ほとんどの学生は大学1-3年の間、サークルで遊んで、バイトをして、普通に授業に出るというような一般的な学生生活を送っているかと思います。そして、4年生になれば、こぞってリクルートスーツに身をつつみ、何十社とエントリーする。

そもそもまともに社会に出た事もない、社会の仕組みも、会社の仕組みも、市場の仕組みも分らない学生が「行きたい業界」や「行きたい職種」、「将来ありたい姿」を見つけられるとは思いません。

だからこそ、私たちは、早い時期から長期インターンを通じて、社会に飛びし「世界観(見える視野)を広げる機会」と企業と学生のイベントを通じて、「自分よりも世界観の広いカッコいい大人と出会う機会」を提供し続けています。
求める人物像 【人と人とのつながりを大切にできる人】
・謙虚であり続けること
・日々成長し続ける意志があること
・感謝を言葉にできること
学生へのメッセージ 大学4年間というのは長いようで短いです。 4年間という限られた最後の学生生活を、どのように過ごすかで、その後の人生は大きく変わっていくと思っています。

バイト、サークル、留学、学生団体、、、、それぞれやりたいことはたくさんあるでしょう。

でも、自分が「これだ」と思う分野を見つけたら思い切って、「一点集中」してください。

何をやっていても、そのことしか考えられないくらい熱中できる何かを見つける。 それが出来れば、一つに絞り、がむしゃらに突き進むことでしか、見えない何かが見えてくるはずで、 それをやり遂げた先に、ようやく「自分の将来ありたい姿」が見えてくるはずです。

現在の日本の一般的な就職活動は驚くほど早く、大学3年の夏にはサマーインターンや、業界研究、セミナーと称して、企業は採用活動を始めますが、高校を卒業して2年あまりの学生が、いくらESを書いても、業界研究・自己分析をしても、大学で勉強を重ねても、なかなか「本当のありたい自分」と向き合うことは難しいのが現実です。

だからこそ弊社は、大学1、2年という早い時期から「長期インターンシップ(半年~1、2年間)」を通じて、少しでも、企業で「働く」ということがどういうことなのかを経験してほしいと思っています。

もちろん、インターンシップをしていく中で、皆さんの能力や価値観、知識を超える難しい仕事もあるでしょう。

しかし、そんな困難な環境下において、必死に価値を生み出そうと努力の日々を重ねる中ではじめて、自分に何ができて、自分に何ができないのか、痛いほど「自分自身」と真正面から向き合うことになります。

ぜひ、1,2年という早い時期から、「長期インターンシップ」という選択肢を選び、

社会に飛び出し、
自分を知り、
社会を知り、

「人生をかけて取り組みたいこと」や、「社会の中でどんな存在でありたいのか」を考え、将来に向かって突き進んでください。
HP http://via-career.jp

業種をしぼる