Japan REIT株式会社

  • IT・情報通信
  • 建築・住宅・不動産

不動産金融業界のプラットフォームを目指す

本社所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋一丁目7番2号 虎ノ門髙木ビル8階
代表者 門田将之
社員数 35名
事業内容 私たちは、いま注目されているJ-REIT(不動産投資信託)という分野に特化して、数多くのクライアントに対し基幹業務システムやコンサルティング、Web構築、自社ポータルの運営(http://www.japan-reit.com/)を行っている業界唯一の会社です。

会計、簿記の知識や理工学実験等でデータ集計をしてきた経験を実践の場と活かす場を機会を提供しており、弊社ではアルバイトで入り、現在は正社員として活躍されている方々が多数います。会計知識、不動産の知識、ファンドの知識、システム開発の知識、WEB技術など、幅広い知識が身につけられる職場として将来にも役立つような業務を行なっていただけます。
問題意識 従来、不動産は限られた業界プレイヤーと市場の中で取引された為、価格の妥当性を判断できない状況を生み出し不動産バブルが発生しました。またバブルの破たんは、社会的に大きな打撃を与える状況に繋がりました。

これらの反省と地に落ちた不動産取引を復活させる為に、2000年にSPC法の施行が行われ証券化が進み、投資家に対して情報を透明化するべき証券化不動産が急拡大しています。

しかし、この拡大はこれらを管理する業界プレイヤーの情報提供業務を肥大化させ、多くの問題点が顕在化しています。

一方で、投資家に対する情報提供の効率化や、より多くの整理された情報を提供する要求は増大し続けています。

また海外からの投資家の拡大によりトラックレコードなどのデータが要求されており、もはや適切な情報開示が出来なければ市場拡大が出来ない所まで来ています。

これら市場の問題や要求を解決する為には、金融、不動産の深い知識と情報を整理集約し、デジタル化、グローバル化してより使いやすい形で業界プレイヤーに開放することが出来るデジタル企業が必要と考えております。

我々はこれらの仕組み作り=「プラットフォームの構築」を通して市場の拡大、社会に貢献することを目標とします。
求める人物像 ・会計に興味がある
・データ分析に興味がある
・システム構築の能力がある(あると尚可)
HP http://www.japan-reit.co.jp/

業種をしぼる